ONE VOICE

笑っていれば、イイコトあるよ

* ONE LOVE + ONE LIFE + ONE VOICE *

Don't love me for who I am.
Love me for who I can be,

and I'll be that person for you.
Andyの手紙
Hey all!!
何よりもまずUS Openのことだけどごめん。今までのどのUS Openよりも準備万端だったんだ。でもそれが試合の結果に残念だけど結びつかなかった。正直に言うしかないけど今回の敗戦は今までのどんな負けよりもかなりキた。自分は結構負け試合を吹っ切るのは上手いほうだと思うんだ。大抵は次の日にすでにポジティブに考えられるもんだから。でも今回はちょっと時間がかかった。もうとにかく何もしないで過ごしたかった。アメリカでどれだけ今回の敗戦が騒がれてたかって事を考えると、ただそれだけのこともなかなか難しいことでさ。時間を作って一緒に遊んでくれた友達には感謝してる。

でも今はもういつでも準備万全だよ。今回のこと全てを終わったた事としてとらえて、もう一度ナンバー1になるための努力をしたいと思える。変な話だけど、負けた時のほうが上手くいって勝っている時よりもがんばる気になるんだ。デ杯が2週間くらいで始まるけど、待ちきれないよ。秋のシーズン、いい結果を残したいと思ってる。

個人のこととして今回の敗戦はかなり痛かったけど、ハリケーン・カトリーナで大規模な災害が起こっている。思ったんだけど、健康で暮らしていけることに僕達みんな感謝すべきだよね。実際、本当にありがたいことだと思う。毎日のちょっとしたことなんて、たいした問題じゃないと思える。それに今回の災難にみんながひとつになって援助を申し出たのも素敵だ。これを読んでるみんな一人ひとりに、ぜひちょっとだけでいいから僕達がどれだけラッキーか考えてみてほしい。

適当につらつら書いてきたけど、良いこと書いて終わろうと思う。ロビージネプリとジェイムズブレイクの活躍には、こっちが本当に嬉しくなってしまった。二人とはずっと前から友達なんだけど、今年の夏はみんな成績が出せなくて結構たたかれたりしていた。みんな僕だけがアンドレに続くアメリカ人でほかの選手はスラムで結果なんか出せないとか何とかかんとか・・・でも今回の全米でそんなことをいってた人たちも静かになるだろう。今からもう来年みんなでそろって怪我もなく調子も最高でプレイできるのが待ちきれないよ。これを読んでるみんなが僕と同じくらい運に恵まれていて、昨日のアガシ vs ブレイクを見れていたらいいと本気で思う。もう二人ともすごくってまじでありえないテニスだった! どっちの応援をしようかこんなに迷ったことは今までになかったからなんとも大変だったけど、ホントにあんなテニスを見せてもらえて光栄だと思った。去年がジェイムズ(ブレイク)にとってどんな一年かだったかを考えると、今回の彼の成績は僕にとってもすごく嬉しい。彼が立ち向かわなければならなかったことを乗り越えて、その上以前よりも良い成績を残すなんて、彼がどんな人間であるかを本当に証明するものだと思う。

最後にみんなの応援に本当に感謝している。
i love u guys and 感謝してもしたりないくらいだ。

andy


Message From Andy
By Andy Roddick
2005-09-08
Hey all!! first and foremost i wanna apologize for my us open. i was more prepared for that tournament than i have ever felt before. unfortunately, that did not translate. i am not going to lie. this loss cut deeper than any one i have ever had. i am normally pretty good about bouncing right back, and having a good outlook on things starting the next day. this one took a little while though. i had to remove myself from everything. it was tough to get away from it, considering it was a pretty hot topic of conversation around the country. i am lucky enough to have great friends who really took time out to hang out.

I am ready now though. i am ready to put all of this behind me, and start my preparation for trying to get back to number one next year. as weird as it sounds, losses almost motivate more than success. i cannot wait to play davis cup in a couple of weeks, and am looking forward to a strong fall season.

Even though my loss was upsetting personally, there has been a tragedy in the world in the form of hurricane katrina. i think we all need to realize how lucky we are to be healthy. i truly feel blessed. it makes our day to day problems seem rightfully petty. i also love how our country reacts to adversity, and we all truly become one to help in the fight. i ask that each of u take a second and just realize how lucky we all are.

I am going to end this ramble on a positive note. i cannot express how excited i am for robby ginepri and james blake. they have been friends of mine for a long time, and the whole group was catching flak earlier in the summer for not producing results. people were saying that i was the only American, save andre, capable of making a real run in a slam..... they quieted a lot of doubters, and i can't wait til next year when we are all healthy and playing well. i hope everyone reading this was as lucky as me and got the chance to watch the agassi/blake match last night. it was unreal tennis played by the two best sportsmen in the game. i have never been so conflicted watching a match, but it was an absolute privilege to watch. i am so happy for james to be doing well after the year he had last year. to come back from what he went through even better than before is a real testament to his character.

Lastly, i want to thank all of u for your support. i love u guys and cannot thank u enough

andy
trans - andy | 17:02 | comments(0) | trackbacks(0)
Roger Federer @ US Open 04
一昔前とはいえ応援していた選手ですので^^;優勝おめでとうRoger!
偉業を成し遂げたわけだしね、テニスファンとして短いけど訳しといてバチは当たらんでしょう^^;
ホント短いんですが、面白かったので(うまく訳せなくてすみません)

今回Audioからの訳なので、違っていたらご連絡くださいませ。(AudioはYahooの掲示板で話題になっていたものです。情報提供ありがとうございます。リンクが期限切れなので訳のみです)

Roger on John McEnroe's Show
John: Ok, welcome back.
次のゲストは昨日今年3つ目のスラムタイトルをストレートで獲得、しかもそのうちの二つはベーグル(0)という、US Openの歴史を変えたRoger Federerです、ようこそ!

♪we are the champions♪

John:今なんかはもう最高の気分だろう?

Roger:そうだね、いい気分だね。(淡白な答え方に笑いが起こる)一日一日、実感がわくよ。

John:どうやったらあんなにクソうまくプレイできるわけ?(how do you play f**king so well?)(会場爆笑)

Roger:(笑)あなただったら分かるでしょう。

John:ありがたい仰せだね、そうだったらいいと思って仕方ないよ(苦笑)。昨日の夜は何してすごしたんだい? ガールフレンドとほかの誰かと?

Roger:全部知りたい?

John:(笑)もちろんだよ。

Roger:すみずみまで?(笑)

John:どうぞ言ってくれたまえ(笑)

Roger:(笑)そうだね、いいお店で夕飯を食べて、でもみんな実はかなり疲れてたんで、そのままベッドに直行だよ
・・・君が喜ぶようなたいしたことは何もなかった。

John:いや、そんなはずはない。僕には分かる(笑) (something tells me you didn't right go to bed)

Roger:(笑)

Roger on Charlie Rose show

Roger:スコアばかりをみるのはあまりいいことだとは思わないんだ。スコアだけ見たら「あれは随分楽な試合だった」とかなんとか思うかもしれないだろ? だけど、第2セットがやっぱり鍵だったと思うんだよね、あの試合に勝つためには。それは間違いない。ただ、本当のことを言うと、実際まだ、いったい何が起こったのかよく分かってないんだよね。US Openを勝っただけじゃなくて、今年のスラム4つのうち3つを優勝するなんて、自分にできるはずないと思ってた。それにUS Openは獲るのがすごく難しいタイトルだと思ってたんだ。それを他の2つのスラムを勝ったのと同じ年に自分のものにできるなんて、夢みたいだよ。
trans - andy | 14:50 | comments(0) | trackbacks(0)
Rotterdam 04
■ ABN AMRO WORLD TENNIS TOURNAMENT
ATP公式サイトより【Feb.18.2004付け】 1回戦後のインタビュー各選手
http://www.atptennis.com/en/newsandscores/news/2004/rotterdam_wednesday.asp

LleytonHewittが先週VinaDelMarのタイトルを勝ち取った強敵、FernandoGonzalezを62,61で破り、二回戦へ手を伸ばした。この試合での勝利によりHewittは今年度の勝-負を10-1とした。

なんと去年のMastersCup@Houston以来15試合連続負けなしを記録した(強すぎるぜこんちくしょう)RogerFederer。64,63でArnaudClementを破った全豪+ウィンブルドン+テニスマスターズチャンピョンは自身最高記録の16試合連続勝利を賭けてAndreiPavelと戦う。

ドイツのRainerSchuettlerは今年に入ってから今週まで勝ナシという結果に終わっていたが、準々決勝最初の席を埋めたのは彼だった。チェコRadekStenpanekを63,64で破っての進出となる。

セカンドシードはJC Ferrero。1stラウンドを63,76(5)で勝ち上がって、オランダのLottumと二回戦で対戦する。


Federer:
今日はお互い、自分の調子にのるまでに時間がかかった。あんまりいいボールのやりとりもなかったし、毎回エラーで点が入るって哀しすぎるよね。まあサーブがうまくいって、勝てたという感じかな。もっといい試合をしたかったけど、一回戦の勝利はいつだって大歓迎だよ。初戦はいつだって予想しづらいしどうなるか分からない。その試合環境にまったく慣れてないわけだからね。ぼくは今回ここに4、5日いるわけで、準備もちゃんとしたつもりだけどこのザマだよ。でも次の試合はもっとうまくやれる。そう簡単には勝たせてもらえないだろうけど、次もぜひとも勝ちたいね。Rotterdamは大好きだよ。ここではすごくいいテニスができるから。


Hewitt:
疲れる試合になるだろうとは思ってたよ。でもとにかくコートに出て行って試合に集中しなきゃいけない。どちらのセットもスタートがよかったよね。今日は自分のプレイには満足してる。Gonzalezとの試合で主導権を握るのは難しいんだ。すごくプレッシャーをかけてくる。でもたまにゲームを簡単に譲ってしまうこともあるプレーヤーだ。ぼくはただ先にプレッシャーをかけて、この試合が彼にとってやたらと難しいものにしてやろうした。そのおかげかここだって所ではちゃんと点が取れたよね。これからの試合のいい踏み台になると思うよ。ぼくは一回に一個の試合のことしか考えられない。でもどの試合もそう簡単にはいかないもんさ。次あたるのはJohanssonだ。一回やったことあるけど、彼はやっかいだよ。グランドスラムを勝ったことある選手だし、世界で何番という選手を何人も負かしているんだ。ぼくは参加するトーナメントはいつだって優勝したいし、そのつもりで参加する。まあ、ホントにそれができるかは別としてね。今回はFedererとFerreroっていうデカイ二人がいるし、そう簡単にできることじゃないと思うけど、やるだけはやってみるつもりだよ。


Ferrero:
スタートがよかった。(Ferreroの喋り方ってどう訳していいか分からないー><結構ぶっきらぼうな所ありますよね?)最初からボールを思いどおりに打ててたし、Winnerもよく決まっていた。ただ相手はちょっと緊張していたし、僕もそれは分かってた。彼は始めの方、何回かミスをしていたよね。でも2セット目はお互いにいいプレイをみせられたと思う。見てて楽しい試合だったと思うんだ。観客のみんなが喜んでくれているといいね。今日のようなプレイができて嬉しいよ。この大会は怪我しちゃった全豪以来だし、大体大会のコンディションも全然違う。全豪はカンカン照りの太陽の下だったからね。怪我はもう完璧に治ったよ。気分は最高だし体の調子も万全だ。どの大会も優勝を目指して戦ってる。この大会でもそうだよ。




--------------------------------------------------------------------------------
■ABN AMRO WORLD TENNIS TOURNAMENT
ATP公式サイトより【Feb.19.2004付け】
http://www.atptennis.com/en/newsandscores/news/2004/rotterdam_thursday.asp

Henman,Federer準々決勝で大激突!

RogerFedererがABNAMRO/WorldTennisTournamentにてAndreiPavelを76(2),75でやぶり、自己最高、16試合連続での勝利を飾った。これにより準々決勝にてTimHenmanと対決という好カードが用意された。Federerは2003年のHalleからWimbledonそしてGstaadの決勝戦までの15戦を常勝負けナシで駆け抜けた自己記録を更新した。現在の不敗リレーのスタート地点は去年ヒューストンで行われたTennisMastersCupである。

去年のシーズン暮にParisでのタイトル獲得道中Federerを弾き飛ばしたHenmanのほうはチェコのTomasCaklに62,64で勝利を収め、インドアでの連続勝利記録を8とした。Rotterdamでの成績も16勝6敗に伸ばし、7年間で6度目の準決勝進出を目指す。

第6シードのLleytonHewittはスウェーデンのThomasJohannsonを76(6),76(3)で何とか破り、準々決勝でドイツ、RainerSchuettlerと当たる事が決まった。Hewittは今シーズン12試合のうち11勝をあげており、ただ一度の土は全豪のベスト16でFedererにつけられたもの。(またおまえかよ!といいたくなるのは私だけ?)

(その他省略…ごめんなさい><)


Ferrero:
自分のベストのテニスは今日見せられなかったけど、とりあえず勝ったし、何とか準々決勝に残ってる。インドアはあんまり得意じゃないし、オランダでオランダのプレーヤーと3回も立て続けに戦うのはちょっとヤだよね…今日対戦したVanLottumはホームでの試合だったし、観客の声援に押されていいプレイをしてたと思うよ。こういうスコアになるとは思ってなかったけど、まあよくあることさ。(どんなスコアだったのかが載ってないぞー><)


Henman:
勝った時はいつだって気分がいいものだよ。今日は試合前あんまり気合が入らなくて、乗り気になれなくてね。だからいいスタートがきれたのは間違いなく助けになった。62,64で勝ったあとに、それでも自分は本当はもっといいプレイができるはずだって感じられるっていうのはいい傾向だよ。

今のテニス界では一番きつい挑戦なんじゃないか?彼はずいぶん前から今までずっと負けなしできてる。それに一体どんな試合を彼が負けずに勝ち進んできたのかを見ると、マスターズカップ、グランドスラム、どれも一番の大舞台だよ。大会がRogerを中心に回ってる時彼と対戦するのはいつだって楽しいものだよ。


Hewitt:
厳しい試合だったね。多分、肝心なところで相手よりいいプレイができたのがよかったんだと思うよ。Johannsonは最近そんなに試合にでてないから、今日はめちゃくちゃいいプレイをしてきたよ。大切なところでどうやってポイントを取ればいいのかよく知ってるプレーヤだからね。今日はコートに出てすごく気分がよかった。自信もあるし、明日の試合が楽しみだよ。


Federer:
もうちょっと試合を簡単にできたと思うんだけど、勝ったんだからまあ、よしとするよ。昨日やその前の試合はともかく、今日のゲームにはあんまり満足できてない。でも一番肝心なのはなんであろうととにかくそれに勝ってここまで来たってことだよ。今日は相手に都合のいいチャンスを自分で作ってしまったし、Pavelはそれを逃さなかった。自分のリズムでプレイしだしたし、サービスもよくなった。それが今日の試合をやたらめったら大変にしてしまったんだと思うよ。そんなはずじゃなかったのに。今日よかったのはここだというところで自分のテンションをあげていいプレイができたことかな。自信の持ちようにもかなり関係してくるものだからね。いいゲームで試合を終われるのは気持ちがいいものだよ。

彼との対戦成績はすこぶる悪いんだよね。6回やって1回しか勝ってない。その一勝っていうのは1セットやったあとに向こうがリタイヤしちゃったやつだし、だから実際の所は僕がオフィシャルで最後に負けたのは彼にParisBercyで負けたときだ。(16試合)連勝記録を止めないでもらいたいけど、向こうはそのつもりで来るだろうからね、まあ、何が起こるかはお楽しみだよ。僕も楽しみにしてる。彼との試合はいつも先が読めないからね。
trans - andy | 14:49 | comments(0) | trackbacks(0)
03Aussie Openの後
http://www.andyroddick.com/av_detail.php?audvid_file_id=149&audvid_file_type=2

右手首にサポーターをつけているので、また怒り狂ってロッカーに八つ当たりパンチでもしたのかとからかわれてます。

QFでのマラソンマッチについて。
試合はやっていて楽しかったと言ってます。5時間(スラムでは一番長い試合)だったけど、自分でやっている最中は死にそうだと思うほどきつくはなかったので、それに助けられたらしい(当時20歳。若いってすごい)。
自分が倒れるかどうかよりも、相手が早く倒れてくれないかなと期待しているほうが多かったみたい。・・・でも相手は倒れませんでした(but he didnt.)
相手にマッチポイントを握られる場面もありましたが、その2時間後にAndyが勝つというとにかくすごい試合。
試合をやってる最中に早く帰ってお風呂入りたいとか、ルームサービス頼みたいとか考えたかと聞かれて、試合がやっと終わって最初に考えたのはルームサービスだったとこたえています(確か終わったのは夜中の2時半とかそれ以降のはず)。

ウィリアム姉妹について。
I'd like to think that I would win.(ヒジョーに丁寧な言い方なので笑いを誘っています)
200位の男とセリーナが戦っても男が勝つという話があるらしく、男女比較のTVで話すには微妙な話題に入っていってしまったので、Let's Move On(話題を変えよう!)と司会者が無理やり方向転換。(その後AndyがI appreciate that(変なことを言わなくて済んだので)と言ってるのがウケます)

その後ちょっとフットボールの話がありますが・・・
そのまま審判に吐いた暴言の話へ。
なんかすごいこと(something obnoxious)を言ったらしいねと聞かれて、どれのことを言ってるの、と切り返すあたりが笑えます。
ホストいわく「マッケンローじゃなくて、アイスボーグを見習うべきだ」
彼はこのアイスボーグ(?)というとても冷静で感情を抑えた競技のファンらしく、毎回Andyがこのショウに出るたびにその競技を持ち出してくるみたいなんですが、Andyはそのアイスボーグの話題が出るまでどれくらいかかるかという賭けをしていたらしい(笑)。
さて問題のAndyのセリフは、有名な(笑)Spineのセリフで、「do you know the thing hooks whole bunch of back? its called spine. look into one!」(・・・なんと訳したら面白いのか分かりません。とりあえずあんたどっかおかしいんじゃないのか?! 的な大変けしからん発言です)
まあ最後には彼(審判)は21(第5セットの最終ゲーム数は21-19)まで数えられたし、埋め合わせはしてもらったよと言ってとりなすAndyなのでした。
でも罰金いくらか払わなきゃいけなかったらしい。

最後に手首に本当は何があったかというと、これはダイブしたら自分の手の上に乗っかっちゃったんだとのことですが、それを聞いたホストが「Oh, so that was not out of anger...it was...just... out of...slipping.」(怒ってたせいじゃなくて・・・スッテンしたせいなんだね)と言ったもので、Andyは...falling(転んだ)と言ってくれると嬉しいね。とのコメントでした。
(Slippingはもっとおっちょこちょいで転んだ感じ。けつまづいてスッテンいくような感じ。Fallingはれっきとした(?)転倒です)
trans - andy | 09:50 | comments(0) | trackbacks(0)
新年挨拶・・・でもないが。
http://www.andyroddick.com/av_detail.php?audvid_file_id=276&audvid_file_type=2

Off。
一週間(実際は8日間(だけ))のお休みはとにかく何もしないでのんびり過ごしたようです。

New Year's Eve。
大晦日はボカ(ご両親のお住まい)に行く予定だったのだけど、飛行機のトラブルでオースティンに居残ることになってしまったらしい。Andyが地元の友達のパーティーに遊びに行ったときは、みんなAndyがボカにいるものだと思っていたので、驚かせることに成功したらしい。

新年の目標。
7年ほど今年こそは爪を噛むのをやめるといってきたのだけど、もういい加減あきらめることにしたらしい(笑)。ムリだと悟ったそうです。

リストバンド。
Andyが最近し始めたNo Compromiseの青いリストバンドはandyroddick.comで購入できます。
(AndyがNew Compromise Listbandと言っているけど、それって違うと思う^^;)
trans - andy | 09:48 | comments(0) | trackbacks(0)
| 1/1PAGES |


CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
PROFILE
NEW ENTRY
RECENT COMMENT
カウンタ
はくす
arashi
RECENT TRACKBACK
RSS
CATEGORIES
めーるふぉーむ
Photo album
LINKS
ARCHIVES
OTHERS
RECOMMEND

SPONSORED LINKS