ONE VOICE

笑っていれば、イイコトあるよ

* ONE LOVE + ONE LIFE + ONE VOICE *

Don't love me for who I am.
Love me for who I can be,

and I'll be that person for you.
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
マイガール: Ep.2

Music: 夜を駆ける - spitz > mimiがあの瞬間すきだった曲。


相葉さんが泣くときは、
やっぱりどうしても相葉さんが泣いているのです。
そういう風に私には見える。

声がひっくり返るくらい泣いたあなたの一生懸命さが、
こうして現実には存在していない人に深みを与えていくさまを見るのは、
ふつうのドラマをただ見ているのとは違う気がしています。

演技をみているのではなく、
演じ手をみている。

ファンクラブに入っていなくても、
私は相葉さんを好きなのです。

そういうわけでどうしても中途半端なReviewです。
まとまりがなくて申し訳ない。
応援くださるみなさん、いつもどうもありがとう。

ネタバレを避けていらっしゃるかたは、ご注意ください。


 

正宗くんの精一杯のお辞儀が、相葉さんのふつう、というところが笑えました。相葉さんのお辞儀を好きな人は結構たくさんいると思う。

あいば、薄着、Vネック、ばんざい!

「お父さんが一緒だから、寂しくないね。」という言葉で始まったこのエピソードは、結局、正宗くんも、コハルちゃんも、「さみしい。」という結論で終わる。人がひとりいなくなる、ということは、とても寂しいことなのです。だけれどそれと同時に、「かざまこはる」という言葉が当てはまって完成するパズルがひとつだけじゃないことに救われるエピソードでもある。このドラマの、ひとつをひとつずつ片付けていく、というスタンスは、踏み出せる一歩を確かめながら歩いていく新しい親子に、とてもあっていると思う。今回はとにかく演出と脚本が素晴らしかった。もちろん相葉さんと萌々果ちゃんは素敵でしたけれど、あくまでもそれをお膳立てした高橋伸之さんと、荒井修子さんに拍手です。素敵にまとまったお話でした。ありがとう。

Title sequence はあんなに幸せでいいのでしょうか? 眩しすぎて目がみえない。みえないよー。

何故シャンプーのシーンを飛ばしたのだ!(憤怒)

「かあさん、ちょっと心配しすぎだよ」の「かあさん」のDeliveryが死ぬほど好きです。いい。あの言い方。

人に言われたことを一生懸命やるだけの正宗くんは、20代で、9ヶ月の準備期間もなくいきなり父親になった人の現実に近いと思う。彼は前には進んでいないけれど、確かにがんばっているのです。だけれどスタートは、誰だってそこからでしょう? 追いつこうとしても追いつけない何かに手を伸ばしながら、まず目の前の小さな石ころに躓かないように前に進んでいくのです。このドラマは、障壁の現れ具合において、とても現実味がある。正宗くんはタイミング的に運に恵まれていないかも知れないけれど、不幸ではない。ああいう一週間くらいは誰にでもあって、そして乗り切ってやってきた日曜日に、少しあたたかい飲み物を飲んで、がんばっている自分を確かめながら、またやってくる月曜日を戦うのです。正宗の生き始めた非日常が、あくまでも私たちに理解の出来る日常を保っているから、私たちは驚きながらもうなずいて、まだ続きを気にすることが出来る。ドラマを作るうえで、非日常と日常のバランス感覚はその作品の基盤を定義する強さがあると思うので、安定発進のマイガールに、私はここから先を期待しています。

私は、コハルちゃんは、いい子でいるのが好きな子なのだと思っています。本当にこういう5歳児がいるかどうかは別にして、彼女の言動が理解できるかというレベルで問えば、彼女はとても分かりやすいキャラクターだと思う。彼女は周りの人間が笑ってくれたら幸せなのです。昨今、「いい子」という言葉が乱用されていて、自慢じゃないですが、私も高校時代、一概にいい子とされることに抵抗を感じていました。だけれど私は声を大にして言いたい。いい子でいることは、ほんとうは楽しいことなのです。自分がいい子でいることに対して返ってくる何かしらが、自分の幸福に結びつくのであれば、それはあくまでも人格的に自分が努めている姿勢が報われていることの証明であって、無理とか偽りとか、そういうネガティブな要素はどこにもないはずなのです。コハルちゃんは、正宗が笑えば嬉しいし、正宗が顔をしかめれば泣きたくなるくらい、純粋に自分の父親を愛している子供なのだと思う。そうして見れば、このエピソードはそんなに辛くないのです。なぜならコハルちゃんは我慢をしているのではなく、がんばっているだけだから。5才だからあんなに健気に見えるだけで、本当は人ががんばるということは、あれくらいの強靭さを伴う作業なのだと私は思います。だからこのエピソードは、親子が、お互いのために、さみしさを打ち消しあおうと、前向きにちょっとだけ間違ってがんばっていたエピソードなのだと思う。

今回の脚本て、まるまる原作をベースにしてるんでしょうか? 上手いなあ! この薄味加減が凄く好きです。必要事項を丁寧に掬い上げて、ふるいにかけた感じの仕上がりで、聞いているのがめんどくさいシーンがまったくといっていいほどなかった。「これからもずっと一緒に生きていくんでしょ!」 そうなのです。見ている私たちは、正宗がやっていることが父親として正しくないことは分かっているのだから、長ったらしい説教なんてなくていいし、背中を押してあげる言葉がひとつあればそれでいい。大家さんがコハルちゃんを発見したあとの、正宗との5コトくらいのやり取りなんかは、完結に愛で固められていて素敵でした。それから、「僕はコハルちゃんの父親としての勤めを果たさなくてはいけないので。」といういかにも義務感で構築されているセリフ。そこに選択肢のない感じ満載の、相葉さんのDeliveryも最高でしたが、あの流れの中であの堅さを見せる言葉遣いは秀逸だと思いました。

このエピソードは印象に残る画が多かったと思う。唯一の凸凹といえば、大家さんが子供の入居を反対しているシーン。あれは結構Out of placeで、不自然だったかもしれない。だけど私の好みの問題からいえば、「まさむねくん、またおしごとにもどるでしょう? こはるはへいきです!」の後の演出なんかは万歳でした。シンプルで効果的なうなだれ具合。無理に寄らないところもすき。それから「コハルちゃん、着替えロッカーにいれようか」と差し出した左腕が、行き場をなくしていつまでも中途半端に差し出されている件。あれはDirectionなのかなあ。正宗くんが硬直したまま動けないでいる描写が今回のエピソードは多くて、走り出してしまった日常にどうしても10秒くらい遅れを取っている彼の戸惑いがよく伝わってきます。

かっ。
かたぐるま・・・。そんなに軽々やられたら私腰が砕けて治りませんがな・・・。
もーお月様じゃなくて天国に手が届きますよ奥さん(号泣)。

肩に抱えた小さくて重い体温を、そっと何度も軽く握ったり、優しく繰り返しさすったりするのも、Directionの結果なんでしょうか? もー、あいばかは何でもかんでも相葉さんが自己発信でやってる演技なんだと思いたくてしょうがありません(苦笑)。だってあのタイミングであの仕草は素晴らしい超だったよ(Am proud!)。もう一個は、「僕は、コハルちゃんのことが好きだよ。ずぅっと一緒にいたいと思ってる。だから、ほんとうのことをゆってもいいんだ。・・・さみしい?」「・・・さびしい。」のシーン。このやりとりを初め、この前後の多くを引きで撮った監督の勇気に私は拍手を送りたい。壮大な比べ方をすれば、スピルバーグがプライベートライアンの最後でハンクスを引きで撮り続けた素晴らしさに近いものがあります。だからこそ、その後の「僕も寂しいな」とか、むしろその前の圧巻の正宗の表情とか(あの相葉は心底上手かった)、心情を吐露するところが直球で投げられて、見ている私たちはそれをまともに喰らうのです。ここだけじゃなくて、今回は結構大事なシーンを引きで撮っていることが多かったように思います。私はそれが凄く効果的だと思いました。このドラマが作ろうとしている、静かでささやかな決意と戦いと幸せは、あの距離で見つめてこそ美しく語られると思う。

2人で泣きじゃくるシーンはあまりにも、あんまりにもかわいらしすぎて、私はぐふぐふ笑いながら一緒に泣いてしまいました(敗北)。だってーあの2人がもー、どーにもこーにもあんまりでー(涙)。コハルちゃんを抱き寄せて、もう一度小さな背中に回される大きな右手が、優しさで満ちていてとてもすき。あれは絶対相葉発信です(笑)。これほどまでに、相葉の手を愛したことは私はないよ。桜色のジャンパーを握り締めるあの精一杯さが好きです。

寝起きの図。向かい合わせの二人。やっぱり親子。こういううるさくない演出が全てだと思います、このドラマ。

「僕のむすめです!」で同じ嬉しさの踊る目で、しかも上目遣いで、見つめないでー(脱兎)。

「だっこ。」
もーなんだこのドラマ!(倒)

いまさらですが、相葉さんてえくぼがあるんだよね。
私はえくぼに弱いんですよ。
ほんとに。
もう堪忍してください。

素敵。大好き。拍手。皆さんはどうおもった?

PS> 嵐はみなさん、ドラマが始まるとプラズマテレビになるんでしょうか? 相葉さん、いっぱい食べてもっと旧式になって(涙)。

review - my girl | 01:08 | comments(2) | trackbacks(0)
マイガール: Ep.1

*はくすお返事、明日です!*
*待ってて下さってる皆さんゴメンね*


ドラマが決まった時とか、
そのことを考えた時とか、
指の一本でも噛み千切りたいくらいソワソワしてしまって大変だったのが、
いざ本番となってみたら、
母の手伝いから昨日の夜11時くらいに帰ってきて、
地べたに座り込んで、
インスタントのカレーを膝の上に乗っけてかきこみながら、
なんだかとっても普通に見ていました。

気合の入りようは、SNの新しいエピソードを見るよりかは格段に少なかったと言ってしまえる。

だけど、
そういう気を抜いて、
残ったもので感じるドラマを作りたいんだろうな、という印象を受けました。
(正当化・笑)

*以下、細かい重箱の隅をつつきます*
*久しぶりのドラマReviewです*
*相変わらず思ったことを書いてます。辛い時もあります*
*but i don't mean any disrespect*


*放送時差をよく分かっていませんので、ネタバレを避けてらっしゃる方はご注意ください*




あくまでも私は嵐さんに出会うまで日本のドラマをまともに見たことがないのですが、漫画原作のドラマは、第一話でキャラクター描写を焦りすぎるきらいがあると思っています。なまじTVドラマの作り手が、すでに正宗という名前で轢いてもらっている線路を第3巻まで走ってみたことがあるだけに、ちょっと箇条書きで大雑把な正宗しか見せてもらえなかったように思えました。一番なぞなのが、正宗くんの部屋(正直、あまりにも『セット。』というカンジで、見た瞬間ちょっと笑ってしまった・陳謝)。高校時代にお付き合いした女性を忘れられずに、同じ場所に立ち尽くしたままの20年代の、一人暮らしの男性の部屋、というカンジではなかった気がする。なんか、酷く老け込んだ部屋のように思えました。あれは、陽子さんと正宗が外観から思い描いていた「古い」とはちょっと違う気がするんだよな。多分あの柱の上のほうにあったのをはじめ、観葉植物みたいなのがセット感満載だったのと、部屋が恐ろしく細かく片付いていて、置き間違いのひとつもないPaleなカンジがしたのとが、私が可笑しく思った理由だと思います。寂しそうではあったけれど、傷ついている印象は、受けなかったかも知れない。家具一式、ちょっとお金持ち過ぎない? ・・・それとも私が僻んでるだけ?

色の使い方の丁寧な作品。ライティングにも物凄く気を使っているのがよく分かる。陽子さんとコハルちゃんが、あくまでも桜色でリンクしている描写が好きです。正宗がトーンとしては暗めなので、一緒にいると絵になる。あの髪の色で紫を着る相葉さんはやばい。

いろいろ細かいところは気になってます。一体全体正宗と陽子さんは実際どれだけ付き合ってたんでしょう? 陽子さんに対して「なんて身勝手な女だ」という感想は抱いちゃいけないのかな? とかね。正宗くんは、一度持つと決めた荷物は最後まで護り続けるタイプのようですし、責任はとりたい男だと思う。ひとつの生命というのは、責任の中でも最たるものだと思うので、正宗の傾向を知りながら、コハルちゃんを勝手に独り占めしちゃった陽子さんは、ちょっとずるい、と思う。これからコハルちゃんと仲良くなればなるほど、彼女の最初の5年に自分が存在できなかったということが、残念に感じられるんじゃないのかなぁ。私は、それは陽子さんのせいだと思うんだよなぁ。しかもそんなに近くに住んでたって、どーいうこと? どっかでばったり出会っちゃったらどーするつもりだったんだろうか・・・。実家に住んでいたわけじゃないようだし、いっそ物凄く遠くに行ってたとかなら、覚悟も見えて分かりやすいけど・・・。うーむ。

あの橋は、マラソンの橋ですか?(笑)

村上さんが出てくるところ、あれ、いくらなんでもやりすぎだよね?(爆笑) 雰囲気がぶち壊しですがな! なにもあそこまでアップにせんでも・・・。

「雨だー!」と言って走り回ってる頃には地面がびしょぬれというのが笑えます。こういった微妙なリアリティが私は異様に気になるらしい、ということを、最近学んでいます。でもこういう些細なところでこれが作り話だ、ということをRemindされるのがとてもイヤだ><。 あそこは引きで入って、最後に水階段で閉めたほうが良かったと思うな。

平手打ちされる相葉さんが吃驚するほどHOTでしたけど(万歳)。その後の「いや・・・僕は」という演技が、井上真央ちゃんのつくしちゃんに似てました(笑)。だけど正宗くんて、あんなふうにかっとなる人なんだ・・・。凹んでいるのは分かりますが、イライラしているようには見えなかったので、瞬間沸騰したように見えてしまって、ちょっと意外。なんだか末期の芹沢さん(斗真くん)を思い出します。

相葉さんとももかちゃんの身長差が好きです。コハルちゃんがいっしょけんめい正宗くんを見上げる角度が好き。それから相葉さんが長い脚を折りたたんでしゃがんだり、膝をついてコハルちゃんと向き合ったりしたときの、その身長差も愛らしくて好きです。やさしさというか、思いやりがあるよね。
「ばいばい、まさむねくん」
親子でダブルパンチ。

ももかちゃんの、時間をいっぱいに使った演技がとても染みました。「まさむねくんは、ママのこと、わすれてしまった?」というたどたどしい言い回しが好きでした。相葉さんの泣き様は目元を見ていれば真実度が伝わってきます。あれは間違っても目薬じゃなかったよ。だけど最後の最後の画の繋ぎ方が猛烈におざなりで吃驚仰天してしまいました。あれナニ? 「忘れられなかったよ、ずっと」まで相葉さんが渾身の素晴らしい演技を披露してくれたのに、その直後のあからさまな別テイクに、とりあえず夢から醒めた(涙)。完全に流れが断ち切れちゃったように思えました。編集さん、ちょっと。いきなりピンと張ってる糸電話(苦笑)。分かりやすく違う相葉さんの佇まい(苦笑)。分かりますよ。正宗くんとコハルちゃんが繋がってるのを一発で見せたかったのは分かるけど、もちょっと上手く撮って繋げてよ。そしてそこが上手く流れてくれていたなら、物凄く個人的な好みで物事を言えば「てんとうむしの正宗くん」で、ぽろっと一粒泣いてくれる程度が一番強烈に来たかな、と思います(JAに学ぶ、一粒の重み)。正宗くんの中で、最後の決め手となったのはあのセリフのはず。

効果音という意味で、今までだいぶ静かなドラマだったので、最後に正宗くんが手を差し伸べたところの音はあからさますぎてちょっとやりすぎな気がしました。あそこのやり取りすっ飛ばしても、引きの画3連発だけでしっとり素敵に出来るだけの詩的美しさがあったと思うな。あの丘のシーンは、エピソードを通して、気合が入ってましたよね。

ここで書くのを忘れていましたが、相葉さんの演技を私は音を消して観るのが好きです。『グリーンフィンガーズ』が朝のテレビで流れてた分を、Muteで何度も繰り返してみたりしました。この人は、無音で見ると、物凄く演技が上手いのです。最後の糸電話のシーン、もちろん音声ありでも素敵な演技だったけれど、無音で見るとより痛い。要するにそれは、相葉さんが感情を表に出す際に全身を使うことに異様に長けているからで、そのワンダフルさに、声がついていかないからなのだと思っています。それとは別に、ただ事実だけを述べる、淡々としたナレーションは最高に素晴らしかったと思いました。あのトーンの声は好みです。ツボ。萌。最高。ありがとう。

えー、では。最後なので。

出だしの目覚まし時計のシーン。
枕の上の伸びきった右腕。
素晴らしい具合に焼けた肌。
ちょっと汗ばんでる高い頬骨。
寝起きの伏せ目。マツゲ長!
半開きの口。エロイ!
顎のライン。
首筋。
ちょっとだぼっとしてるシャツ。

ああ。あああああああ。

もう!
もう!

悶絶する。パチパチもする。

review - my girl | 23:49 | comments(2) | trackbacks(3)
| 1/1PAGES |


CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
PROFILE
NEW ENTRY
RECENT COMMENT
カウンタ
はくす
arashi
RECENT TRACKBACK
RSS
CATEGORIES
めーるふぉーむ
Photo album
LINKS
ARCHIVES
OTHERS
RECOMMEND

SPONSORED LINKS