ONE VOICE

笑っていれば、イイコトあるよ

* ONE LOVE + ONE LIFE + ONE VOICE *

Don't love me for who I am.
Love me for who I can be,

and I'll be that person for you.
Condole / Condolence
Condole: v.>お悔やみを言う、哀悼の意を表す

残念だったね等々、慰める言葉というのは、相手の気持ちを汲んで発しなければいけないものなので、母国語であれ外国語であれ、なかなか何を言っていいのやら難しいことがあります。特にお悔やみの言葉は、なまじSensitive(取り扱いに慎重を要する・笑)な題材なだけに、"I'm sorry for your loss"という言葉が定番で、私も実際それ以外は使ったことのある記憶がありません。しかもこういう言葉が入用になることってそうそうありませんから、なかなかそういった状況で使える語彙というのは増やしにくかったりします。

今日久しぶりにAndyのBlogを読みました。まったく何も気付かずにトイレに行き、女の人が入ってきて、やっと自分が場違いなことに気付いたとか、あいかわらず面白いなこの人と思いましたが、同時に、St. Jude's Children's hospitalとかBritneyとかAnna Nichole Smithについてのコメントとか、ユーモアの中に感じられる、まっとうな揺るがない人間性に、やっぱりこの人好きだわ〜と、また恋に堕ちた訳でした。

"My condolences to the family of Dennis Johnson, my best friend was coached by him and I’ve heard nothing but wonderful things about him… my thoughts are with his friends and family."
(Andy Roddick @ Andyのブログ 2007年3月 ←クリック!)

Condolence:n.>お悔やみ、哀悼、弔辞

こういうことをさらっとブログにかけてしまうあたりが本当にかっこいい。

ということで久しぶりのVacab logの更新でした。

KINの読み物読み終わりました。意外にとっても興味深かったので、今度書きます。
vocab. | 20:56 | comments(0) | trackbacks(0)
strength in numbers
■strength in numbers:皆でやれば怖くない。
vocab. | 17:20 | comments(0) | trackbacks(0)
Hit the lights / Have a crush on
■Hit the lights:電気を消すか点ける。

hit the lights on the way out, wouldya?
出るとき電気消してくれる?

これはOne Tree Hillというドラマのセリフですが、これで電気を消す、という意味になるのは、この発言があったときに電気が点いた状態であったからで、もしこのときに電気が消えていたらば、電気を点けてくれる? という意味になります。要するに電気の電源ボタンを押してくれ、という意味です。


■Have a crush on someone:<よく知らない相手に対して>好意を持っている・好き・気になる
=Attracted, but you dont know the person very well.

要するに真面目にお付き合いしだす前の、見ただけで幸せになるステージのようなニュアンスです。付き合っている相手に対してI have a crush on youとは言えません。かっこいい〜きゃ〜と騒いでいるような感じで、相手のことをよく知らないまま虜になっていることに対して、別に後ろめたい気分も何もない、お気楽恋愛の状態です。

ちょっと面白おかしくすると、i got crushed out on you (by nathan)というような使い方も出来ます。動詞形で使うことは普通に可能ですが、完全にノックアウト=Crushed outというところでしょうか。ドラマ以外で実際に聞いたことはありませんが、大げさな表現であることは確かです。


この例文はこちらに溜めておいた物から使っています。
http://blog.goo.ne.jp/roxieree/e/18a70da2a385e7c777a50e743247a732
vocab. | 17:19 | comments(0) | trackbacks(0)
Make A do this / Have A do this / Get A to do this
私がまともに使えるのは今のところMakeだけです、実は(てへ)。この間遊びにいらしたRiekoさんがこのHaveとGetを使ってらっしゃるのを聞いて、私も私も〜という小学生レベルの動機から、何がどう違うのか気になってきたので、ちょっとDanに聞いてみました。ちなみにこれは高校で習ってるはずですが私は良く覚えていません(苦笑)。
ところでDanは私がAndy狂なのを知っています(笑)。はじめはAに当てはまる人物をHimでやっていたのですが、だんだん二人とも混乱してきたのでRoddick(Andyの苗字)を使うことにしました(笑)。

■make : i made roddick play > means u forced him to
Andyは試合したくなかったんだけど、私が無理やり「試合やりなさいよ!」と強制したような感じ。Andyに試合を(無理に)させた。
(if u made roddick do it, then he probably didnt want to .. that's the implication. implies he did it because u asked him to and he wouldnt have otherwise)

■have : i had roddick play > means u told him to do it and he obeyed
Andyに試合をさせた。例えば団体戦で、アナタが監督だったときに、代表者決戦とかになって、誰かを選ばなきゃいけないときは、アナタのほうが位が上なのでi had roddick play(Roddickを試合に出した。試合をさせた。)というちょっとえらそうな言葉遣いが可能です。もちろん選手であるAndyは試合に出たいに決まっているので(少なくとも逃げ出したいほどやりたくないとは考えられないので)この場合にMakeは使いません。

■get : i got roddick to play > means u begged him to and he agreed (not really, but he wasnt forced to)
Andyに試合をしてもらった。チャリティーの大会か何かで、物凄く安いギャラか何かでAndyに出場を依頼するとなると、こちらは腰がとても低くなるので、i got roddick to play(Andyにお願いして出てもらいました。)ということになります。丁寧な物言いかどうかと言うより、自分の立場と相手の立場の差によるような感じです。
vocab. | 16:44 | comments(0) | trackbacks(0)
duh / ya think?
■duh : 感嘆詞ぽい>馬鹿じゃないの?

最近聞いたのはSashaが自分で彼女の友達のTに私を紹介していたことを忘れて、再び私のことを紹介しそうになってたとき、oh, you guys have already met! duh! といって自分の頭を叩いていました(笑)。Danの説明では"how stupid of me(or you)"ということで、あほじゃないの? ばかじゃないの?的な感嘆です。私はこれを聞いたことは何度もあるのですが、今日Danと話していて実は自分これが発音できないことに気づきました。Literalyはかなり出来るようになってきたので、今日からDuhとDutとButtとButとの練習です。気が狂いそうです(苦笑)

■ya think? : ギャル的なDuh
意味合いは基本的にDuhと同じです。使い方は例えば(By sasha)二人で歩いていたら目の前で車が派手にクラッシュ。友達が2秒の自失のあと「・・・車ぶつかっちゃったよ」とアナタに語りかけてきたら、ya think? と帰します。Danは"how could you not realize that"もしくは"how could you miss that"という風に言い換えていましたが、Sashaによれば、あまりにも当たり前に分かっている事実を、いかにも今はじめて知ったように繰り返して言った相手に対して、「そうだけど(あんたは一体どこをみとったんじゃー!)」という感じで返す言葉です。ただDuhとの違いは、まず自分のあほさには使わないことと、それからDuh!は軽いやっちまった系の感嘆なのにくらべ、Ya think? は真剣に馬鹿じゃないの?と吐き捨てているように聞こえるかもしれないこと、それからYa think? はどちらかと言うと高校生やいわゆるギャルっぽい喋り方をする女の子に多いことです。英語だと特にLikeを多用したり、Totallyを多用したり、Seriouslyとしかお前はいえないのか! というような喋り方をする人に多いです。
vocab. | 16:38 | comments(0) | trackbacks(0)
third (fifth) wheel / buffer zone
■third wheel : n.>仲間はずれ・おじゃま虫

Roxieの解釈ではカップルのデートにつき合わされている、いなくてもいいはずのおじゃま虫というイメージです。例えばアナタの親友と幼馴染が付き合っているとして、3人で一緒にどっかに行こう! ということになったとき、結局は付き合ってる二人がいちゃついて楽しむわけで、私は何故ここにいるのか! と真剣に問わなくてはいけない、もしくは、私はどちらとも友人(それ以上)なのに何故輪に入れてもらえないのか! と嘆かなければいけないかわいそうなアナタのことです(笑)。ちなみにこれと同じような意味でfifth wheelというのもあります。これはカップルの数が2(かそれ以上)であるというだけで、結局パートナーのいない人が抱える悲惨な気持ちは似たようなものです(苦笑)。もともとは「替えタイヤ」からきているスラングで4輪の車に備え付けられた、使われていない仲間はずれのタイヤのことだったようです。

■buffer zone : n.>緩衝地帯、転じて仲介人・共通の友達
Riekoさんから教えていただいた言葉です。例えばこの間友達に紹介してもらった人が同じテニス好きで、テニスをしよう! という話にはなっているけど、ろくに知りもしないその人と二人でやるのは微妙なので、その人を紹介した友達(つまりテニスをしたがっているアナタと紹介された良く知らない誰かの共通の友人)にきてもらえば、きっとみんなで仲良く楽しめるかもしれません。この他人以上友人以下の微妙な関係を取り持つ羽目になる人(笑)のことをBuffer zoneと呼ぶそうです。私自身は聞いたことが無いのですが、Bufferそれ自体が緩衝とか衝撃を和らげる人・物を意味するので、何か問題があったり無かったりするときに間にいる人や、物のことを指すのだと思います。ちなみにこちらの例にはこんなんがありました。

"Hey dude you smell like shit, we should have a 1 desk buffer zone or I'll pass out during class."
vocab. | 16:37 | comments(0) | trackbacks(0)
Page-turner
■Page-turner:n.>A very interesting, exciting, or suspenseful book, usually a novel>とても面白い本のこと。続きが気になる、ページをめくらせる本、という考え方でいいと思います。

シアトル在住のAndyファンの方に見逃したAndy v. Lleyton@Indian Wells SFと他2本のDVDを送っていただきました(どうもありがとうございました)。最近ちょっと調子よくないので、負け試合ではあるけど、Andyとってもがんばっていたよ、いいテニスだったよ、というコメントをいただいていたこの試合をぜひ見たいと思っていたんです。ということで早速見ました。

いい試合でした。

これライブで見てたら泣きたくなっただろうなと思ったのですが、なんか全豪で第4セットなげてしまって、その後立ち直るには試合に勝つしかないといっていたAndyのことを考えると、ほんとにAndyも含めてこの人たちってプロなんだなぁと思います。プロになるくらいの勝負師って、みんなものすごい負けず嫌いってことじゃないですか。そんな人たちが勝ったり負けたりしてそれでも次の大会に行ってがんばるってすごいことだなと私は思うわけです。テニスとしてもものすごく面白い展開だったし、レベルの高い試合で楽しませてもらいました。それと試合しながら笑ってるAndyにファンとして嬉しく思ったし感動しました。やっぱり応援している側としてはプレーヤーにこうあって欲しいですよね。楽しくてたまらない、みたいな。

さて、前置きが長くなりましたがPage-turnerです。Andyが去年末Brad Gilbertさんを解任して、Dean Goldfine(ゴールドファイン)さんを新しくコーチに迎えたのです。私はGilbertさんも別に嫌いじゃありませんでしたが、Andyの試合でTVに映るたびに何かをノートに書き込んでいるGoldfineさんの姿に大変好感を覚えております。で、このLleyton戦のビデオの途中、第3セットタイブレークに持ち込むゲームあたりでGoldfineさんが画面に映ったのですが、なにやら書ききれなくなったようで、次のページをめくっているところでした。それを見ていたPatric McEnroeのコメントが↓
There's Goldfine. He's working on that notebood hard. He's going on to the next page. I mean, this is a page-turner, no doubt!
ゴールドファインが映ってます。随分がんばってなんか書いてるけど・・・書ききれなくなっちゃったみたいで次のページまでめくってるよ。確かにこれは間違いなくPage-turner(な試合)だね!
結局この試合のスコアはLleytonから7-6(2), 6-7(3), 7-6(4)というすごい試合でした。特に第3セットはお互い4度くらいブレイクチャンスがあったのですが、粘って粘って凌ぎきるという攻防で、間違いなくPage-turnerだったと思うんです。Patricうまいなぁと私はひとりで感心していました。

一般的には小説のことをさしていいます。私が今まで読んだ中でPage-turnerだったのは田中芳樹の銀河英雄伝説でしょうか。これは私の視点観点全てを変えた大きな小説でした。明け方まで読み続けて、一日一冊ペースで友達に借りていた記憶があります。あとは有名どころでモモですかね。あまりに夢中で読んだので、目がいかれてしまったのか、最後に出てきた挿絵の亀がなんだか光って見えて、不気味でした(笑)。
vocab. | 16:07 | comments(0) | trackbacks(0)
Make
make:v.> 〜を引き起こす、生じさせる、もたらす、成功させる、完成させる

テストがクラスで帰ってきた時に、結果を尋ねるときはWhat did you get? / How did you do? とかなんとか、私のレパートリーはこんな感じで大変少ないのですが、でも大体日本語でも「どうだった?」としか言わないですよね・・・ちなみに最初の質問にはAとかBとか87とか貰ったグレードで答えます。How did you doにはそれに加えてOkとかGoodとかもありです。ちなみにアメリカ人はAを貰ってるのに「あ〜それなり」とか「まぁまぁ」とか言いません。良かったら「良かった!」とすっぱりはっきり言います。私はこれ結構苦手。AならともかくBとかC+だと「う〜ん、悪くはないけど良くもない」と言う言い方をどうしてもしてしまうので、「何言ってやがるBじゃねぇかこんちくしょう」的なリアクションをくらうこともたまにあり。

で、なんで今日こんな話をしているかと言うと、「One Tree Hillトリビアの泉」みたいなクイズ掲示板がありまして、(OTHはRoxieがはまっているドラマです。このコーナーで使うことを検討中)そこに出てきたのが↓
What did Nathan make on his history test on the night of the Father son basketball game?(in which he hugged haley in front of lucas and made him mad.)

Makeという単語はTakeと同じでホントにもう辞書の存在意義を疑いたくなるくらいたくさんあります。映画や日常でよく聞くのは
"Come on, you can make it!"(がんばれば間に合うよ)"He made it to the final!"(決勝進出!)もしくは"I couldn't make it to the class"(クラスに行けなかった(含>間に合わなかった。でも病気とかで行かれませんでした、と言うときにも使う))

このトリビアの質問では、What did Nathan make on his history testとありますが、ただ単純にWhat did Nathan get(Nathanが取った点数は?)と言っている時よりも、Nathanが努力をしてがんばって、一体何点取れたでしょう? と「努力を伴った」という点を強調しているような印象を(私は)受けました。よく考えてみると、遅刻しそうな時のMake itも、風邪引いていけなかったときのCouldnt make itも、「なんとかすれば間に合う」とか「努力はしたが行けなかった」というように、どことなく「エキストラ労力」の使用が共通しているような気がします。え〜Nathanは歴史も数学も英語も全然ダメなので、Haley(Tutorって家庭教師でいいのかな?)の出した条件をクリアするために努力をしたのは間違いないでしょう(笑・他にも理由はあるだろうが)。

ちなみにトリビアの答えは84です(どうでもいい)。

http://talk.thewb.com/viewtopic.php?mode=viewtopic&topic=457900&forum=49&start=0
vocab. | 16:04 | comments(0) | trackbacks(0)
be tied down with〜
■Be tied down with〜:〜で忙しい。〜で身動きが取れないほど忙しい。
Web上に、日本語の漫画をスキャンして、英語に訳して、ダウンロードできるようにするシステムが存在するのですが、私はHush Projectというグループで時たま訳をやらせてもらっていたりします。英語→日本語のほうが、適当にごまかせて楽なのですが、日本語→英語は曖昧な表現がないのか、それとも私ができないだけなのか、なんだか異様に時間がかかります(それでもテキトーにやってるんだけど)。今学期は変なクラスを取ってしまったので、ちょっと忙しいから、仕事は勘弁してください、とメールを送ったところ
We're all busy for some reason so it's ok, just let me know when you are not tied down with your schoolwork.
「何でかしらないけどチームみんな忙しいので大丈夫。その代わり学校忙しくなくなったら教えてね」
とかえって来ました。私の中でのイメージは田村由美の漫画BASARAに出てくる蜻蛉なんです(分からないって)。蜻蛉は後に揚羽さん(vv)とともに歴史を動かす大きな役割を背負う偉大なフクロウさんなのですが(違)、揚羽さんと出逢った当時は、足に紐をくくりつけられて飛べなくされている(Be tied down)ために、自由に動けない見世物のフクロウさんだったんです。・・・そんな感じです。(どんな?)
vocab. | 16:03 | comments(0) | trackbacks(0)
with arms outstretched
i made a lot of mistakes haley
sometimes becasue of my dad
sometimes by choices
...
i just cant do it anymore
vocab. | 15:16 | comments(0) | trackbacks(0)
| 1/3PAGES | >>


CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
PROFILE
NEW ENTRY
RECENT COMMENT
カウンタ
はくす
arashi
RECENT TRACKBACK
RSS
CATEGORIES
めーるふぉーむ
Photo album
LINKS
ARCHIVES
OTHERS
RECOMMEND

SPONSORED LINKS