ONE VOICE

笑っていれば、イイコトあるよ

* ONE LOVE + ONE LIFE + ONE VOICE *

Don't love me for who I am.
Love me for who I can be,

and I'll be that person for you.
夏の恋は虹色に輝く: Ep.1

Music: Yesterday's Letter - 98°

久しぶりにドラマレビューやります。
でも予想外に忙しいので気楽にいこうと思っています。
お付き合いくださる方も、気楽に読んでいただければ^^

今回は手放しで見られそうな気がしています。
私の勝手な偏見ですが、月9という枠は、
ドラマの質より、恋愛の質を見たほうが楽しめるような気がしている。

現在、恋がしたい病にかかっておりますので、だいぶフィルターがかかっています。

どうぞよろくし。

----

とても一人称なエピソードでした。一目ぼれという、大雅くんの視線から語られなければこれっぽっちも理解できない大前提のうえに、これから10時間くらい話を積み重ねることを考えると、妥当な切り出し方なのかなと思います。なので逆に今後が不安。大雅くんの一人称と言うことは、基本的には松本さんがほぼすべてのシーンに出ていたと言うことで、今後はそれは無理だろうから、ヒロインのほうからも恋の行方を見ていくことになるんでしょう。私はそこで脱落しそうな気がしています。

出だしが、魔王ですか? という始まりでしたが、そういえばあの時も、ヒロインはしおりさんでした。そして私は成瀬さんがなぜしおりさんに恋をしているのか、てんで理解できなかったのでした。

私は竹内さんの外見をとてもすてきでかわいらしいと思っております。だから一目ぼれだと宣伝で潤くんが言えば、ああそうだよね、と頷き、大雅くんが僕は恋に落ちているのだといえば、ああそうだよね、と納得できる。しかし私にとって詩織さんは、あくまでも大雅くんの好きな人であって、それはある種、『友人の恋人』みたいな存在です。友人がいれば一緒に遊ぶけど、別にメールの交換とかしない。

現在の詩織さんは、まるで意味が不明です。登場するたびにテンションが違うし、口を開くたびにトーンが違うし、どこからどんな物事をどう見ているのかがさっぱり分からない。いいのですよ、まだ1話終わったばっかだし。10話終わった頃には、納得のできる出だしなのかも知れないし。だけどこれから先、確実に読み解かれていく詩織さんという女性を、今の私は大雅くんの視点からしか知りたくないかもしれない。残念なのが、それはテレビドラマという作品の性質上、無理だということを、私はもうすでに知っているのです。だから、私は、予想をはるかに超えて、詩織さんがとてもいい登場人物であるということに、賭けるしかない。

大雅くんのお父さんが詩織さんにあてたあの手紙を、彼女が『ファンレター』と言ったのは、お父さんから大雅くんへのファンレターということでいいのでしょうか? 私はそこが分からなかった。そしてあの手紙は、本人にあのタイミングで渡すべきものじゃなかったんじゃないだろうか。というかそもそも、本人に渡しちゃう、というところが粋じゃないよねぇ。なんか。うん。気が利かないと言うか。不細工? 違う、無作法? ・・・なんかそんな感じ。

事務所の人が甘ったれた大雅にビシバシいえる立場にあるのだから、詩織さんがしゃしゃり出て偉そうなことをいう筋合いはなかったのです。あのやり取りは、5話くらいまで関係が進んでいたら、なかなか迫力のある付き合いたてのカップルの喧嘩になったんじゃないかと思うんだけどね。・・・まあ、光ってるんだからいいじゃない、という終着点はあまりに見当違いで笑っちゃったけど。

墓地のシーンは、ロケーション的に、私はなんか変な感じがしました。引きで撮ったあの画は確かにきれいだったし、詩織さんも上手く映りこめてて、虹も入れられて、映像的には良かったのかも知れないけど。やりたかったことはすごくよく分かるんだけど。ああいう墓石も、結構普通なんでしょうか? 私の知ってる墓地とはちょっと違ったので。そして往年の大俳優が、ああいう開けた土地に眠っているというのが、なんか現実味がないというか。納得がいかないというか。うーん。非現実的。

年相応の大雅くんが好きです。私はこんな人好き。頭でっかちでも嫌いじゃないよ。本で武装されている部屋もかわいい感じがします。何だかんだいってすぐ謝れる素直さで許されている部分はたくさんあると思うのね。言葉じゃなくても、取り繕おうとする意図が汲み取れる。そしてその分かりやすさに本人が気付いてない。このキャラクターにはそういう愛嬌がある。今の潤くんだから、いっそうかわいく見えるのかな、と思う部分は多々あります。Time前の松本さんにはなかったものだと思う。そして松本さんは紫が似合いますね。ええ。ホントに。私は勝手な思い込みで、結構美術的にはパステルで責めてくるのかと思いましたが、意外と普通だった。でも紫推しだったよね、今回。それがとにかく似合っていて、いやー。いいものを見た。

まとまりはまるでありませんが、とりあえずこんな感じの1話でした。

それじゃぁまりか、何も食べれない。ぱちぱち。

review - natsu niji | 01:17 | comments(0) | trackbacks(0)
| 1/1PAGES |


CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
PROFILE
NEW ENTRY
RECENT COMMENT
カウンタ
はくす
arashi
RECENT TRACKBACK
RSS
CATEGORIES
めーるふぉーむ
Photo album
LINKS
ARCHIVES
OTHERS
RECOMMEND

SPONSORED LINKS