ONE VOICE

笑っていれば、イイコトあるよ

* ONE LOVE + ONE LIFE + ONE VOICE *

Don't love me for who I am.
Love me for who I can be,

and I'll be that person for you.
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
お引越し

Music: Mirror - 安田レイ

 

お引越しをしました。

新居: roxieree.hatenablog.com 

 

---

 

長らくお世話になって来たjugemさん。

生活とかAndyの試合のこととかを備忘録的に書いていた日記を、嵐さん沼にハマってあれこれ書くようになってから

同士を探し求めてたどり着いた場所でした。

 

海外在住の人が綴る嵐さんの話だったから、

物珍しさに読みに来てくださっていた方もいたと思うけれど、結果的に日記であることには変わりがなくて、

でもそれまではなかった、誰かが読んでくれている、という認識を持って自分の日常を表現するようになりました。

そして、読んでいる人にわかってほしい、という気持ちを持つようになった。

 

その思いは、

自分の目に、毎日をみる新しい角度を与えたし

自分の口に、上手い下手はあれ、人に伝わる音を教えてくれたと思います。

見えるはずのない相手の日常を想像するという過程は

見失ってはならないとても大切な視点を与えてくれた。

 

----

 

テンプレを季節ごとに変えたりしてた時もあったけど、

最終的には空の色が好きでずっと同じデザインにお世話になっていました。

 

なんとなく、大学時代の寮の窓から見えた、カリフォルニアの景色を思い出す色。

 

----

 

最近、

お仕事で大学生のみなさんにキャリアや仕事の話をする機会が多く、

以前のエントリを読み返してネタのヒントをもらったりしています。

 

悩んではそれをなんとか言語化しようとしていた自分に

そのもがきには意味があるし

言葉を使って記したものは将来に繋がっていて

今の私にきちんと還元されているよと伝えたい。

 

これからどこに行くのかわからないけれど、

どこかには行こうとしている私は

こうして道は続いて来たんだと確かに目で見られる。

どれだけ突飛で見当違いな方向に進んでいったとしても

それは脈略のないワープではなくて

きちんと自分が綴って来た物語の続きなのです。

jugemさんにお世話になっている間に編み出した

「----」

というちょっとした思考の切り替わりを表すものにも似ているのかもしれない。

続いているようで続いていなくて

でもそれも含めて、そのときの一呼吸で書きたかった、一つのエントリなんだ。

 

これからも続いて行きます。

 

今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

 

日常雑談 | 21:37 | comments(0) | trackbacks(0)
you can be king again

Music: King - Lauren Aquilina

ことしは、
たくさんのところに行って、
たくさんのものを見た。

でも家に帰ってきては、いつもと同じベッドの上でパソコンを広げて
同じ場所から動かないまま
新しいものを見つけて新しい声を聞いていた。

ファンダムは、
いわゆる沼というものは、
ジャンルでも作品でもそれぞれにある程度の文化の差異があって
その文化の中だけで通じる笑いや言葉のやり取りがあり
さらに個々人の態度や考え方でもっと小さなグループや島に分かれていたりしていて
いつも思うけど、まるで国のようだと思う。

そういう意味も含めて
ことしはたくさんの国にお邪魔した。

----

声優さんの沼を発見して、
なのだけどなかなかアニメという媒体に集中力がハマり切れず
片足だけどっぷりつかっているようなバランスの悪いのめり込み方をしている。

杉田智和さんという
毎日ふと考えるたびに思い出す凄さのベクトルが違う
大変不思議な方の存在を知って、まとめ動画などをたくさん漁った。
翠星のガルガンティアというアニメの最後のシーンを切り取ったクリップがあって、
どこか心を、とん。と強く突いたものがあって
ただ、ただなんだか泣くことが出来て、
それが何故だったのかを知りたくて、最初から見た。

AIシステムの役だから、すこし加工のかかった無機質な声なんだけれど
冷徹ではなくて暖かさがある。
手放しで優しいわけじゃないんだけど、攻撃をしない声だと思った。

「その生命に、最大の成果を期待する」

六日目のかみさまは、きっとこんな気持ちで人を創ったのかなあ。
いのち、という言葉は
こんな風に、こういう風に、発音することができる。

成果、というものを生み出すために私たちが持ち合わせている武器はこれなんだ、
仕事や立場や、予算やシステムではなく、
この生命、
そうだ、
私の身体に血を巡らせるこの生命だった、
と、
とん。
と音を立てて気付いた。

わたしは、今の仕事をやめようと思っている。

----

もう、ずっとずっと知っていたことだった。
きっとこの道はどこにもたどり着かないなっていうことを、
私は修士課程に入る前から知っていた気がする。
でも興味があったことは間違いがなくて、
この社会の痛みはなぜだろう? どうしてだろう?という疑問があって
それはとても知りたいことだったんだ。

学ぶことで分かったのは、
自分の力ではなにもできないのだ、ということだった。
この痛みを、説明することはできるようになった。けれど消し去ることはできない。
もっと大きな何かの一部になる必要があった。
それを踏まえて、私は単体ではどうしたらよいのかわからなくなって
とりあえずお金をいただける一番分かりやすいところへ嫁いだ。ちがった、就職した。

----

何ができるわけでもない自分は
歯車のひとつになることで、それだけでこんな風にありがたいなありがたいなと
毎日毎日思い起こされるような機会をたくさんいただいて
そこで私はなんの夢も見ていなかった。

起きて、言われたことをして、それ以上を考えることもできなくて、
おうちに帰って、
寝た。

この場所にいて、ほんとうにいいのだろうか。
この仕事をしていて、ほんとうに良いのだろうか。

それは自分である必然性についてもそうだし
会社の利益とか
社会の利益とか
よく分からないけれど漠然とした「みんな」というものを思い浮かべては
歯車である私は、みんなの役に立っている気がしない、と思った。

目的がなかった。

----

一方で、でも私は傲慢にも、
もう少しできるのにな、と思っていた。

私はもっと、役に立てる。

どれだけ社会のこととか国のこととか
目に見えない軋轢の解決に無力であっても
私は私を必要としてくれる誰かの
役にたつことができるんじゃないのかなぁ

なんて。

その気持ちをどうしても忘れられなくて
だからきっととても苦しかった。

私は、この4年をかけて動き出せずにこの場所にとどまったまま
ゆっくり
とてもゆっくりと挫折をしながら
同時に全然違う空に向かって夢を見ていたのかもしれない

----

今の会社で、業界で、
何か形を残したかったという気持ちはあって、
それはプライドだったり区切りだったり、単なる気持ちの整理だったり
勝負であったわけでもないのに、
これを負けだったことにしたくなくて、もう少し、もうちょっとって、
ずっとここにいた。

私は立ち止まったままなのに、
慣性の法則で周りと一緒には進んでいるように解釈されたりして。
置いていかれてるんだけどなって思いながら
追いつきたい気持ちも大して湧いてこなかった。

何かが起こるような期待をしていた。
何かが起こってくれないかなぁという願いでもあった。
だけど自分がここで、こういう形でどうにかなりたい、という思いは
どうあがいても決定的に欠けていて
その欠落を私はどう処理したらよいのかが分からなかったんだ。
恥ずかしかったし、
悲しかったし、
寂しいなと思っていた。

戦いたい自分に応えてあげられないことに
ただどうしようもなくがっかりしていた。

----

やめよう、と決めたのが具体的にいつだったのかは正直よく分かっていない。
やめるんだろうな、と思いながら過ごしていて、
やめなくては、と思いながら毎日があって
これ以上進んだら全身が嘘になる、と思ったどこかのタイミングで
やめるかもしれません、と声にしただけだったような気はする。

次に行く場所は決まっていない。
いろいろ理屈を付けてみて
何となくこういうことをしたらいいんじゃないだろうか
こういうことをしたら辻褄が合うんじゃないだろうか
という思い付きはあるけれど
本当にそれをやるのがよいのか
本当にそれをやりたいのか
もはやよく分からない。

そもそも何の物差しでそれを決めるのが正しいのかも分からなければ
正しさって何だろうと思うし。
結局何もわからないのだ。

だからとにかく何かをやるしかないとは思っている。

そのためには、まず仕事をやめなくてはならない。

----

仕事で何かを成し遂げようと思うのを、終わりにしなくては、と思う。
たまにそのことも忘れてまた日常を繰り返しそうになるけど。

杉田さんが発音した生命という言葉は、
そうだった、それを私は持っていて、
それは、仕事なんかよりももっと大きくて無限で可能性があって
まだ時間も未来もあるのだったと、
思い出させる
暖かな目くばせの音をしていると思った。

この空と海のすべてが あなたに可能性をもたらすだろう
生存せよ 探求せよ
その生命に最大の成果を期待する


仕事を辞めても
住む場所を変えても
そんなことは大したことではないんだと
打ち続ける鼓動を胸に抱えているくせにまたすぐにだって忘れてしまうけど
杉田さんの声で表現された、かみさまからの締め切りのないその期待に
私は応える努力をしたい。

----

これは怖いけど、
怖いことじゃないんだ。

ちょっと寂しいけれど
辿り着かないかもしれないけれど
出会いは続いていくから
ひとりじゃない。

これからも、ぼうけん。

ぱちぱち。いつか、きみが言った忘れそうなその言葉を。

日常雑談 | 23:21 | comments(0) | trackbacks(0)
いつかまたね交点の先で #ptxscavi #編集裏話

Music: 想い出は遠くの日々 - 秒速5センチメートル

 

思いもしないような出会いを期待しながら扉を開けてここまで来た割に

思いもしないような別れへの準備をいつも疎かにしている。

 

----

 

ペンタさんがSing-Offに出ていた時を思い返すと

若かったなぁと思う。

スコットとミッチが二人でリアクションしている動画を訳していて私も笑った。

 

でも、自分がペンタさんをSing-Offで初めて見た時を思い返す。

あの衝撃を考える。

 

若いなぁなんて思わなかった。

すごいなぁと思って、なんだこいつらと思って、人間じゃない、と思った。

その感想に彼らの年齢なんて付け入る隙もなかった。

あの時の五人の姿勢や勢いは、今にして思えば若さがあったのかもしれないけど、

才能に時間軸はないということなのかもしれないと考える。

 

ペンタさんは、ずっと若くて、ずっと老練で、ずっと色の褪せない音楽を作ってきた。

 

----

 

アヴィは今年28歳になった。

あの人は疑わしいところはあるけれど生物学的には人間ということになっていて、

赤ちゃんとして生まれて、年齢を重ねて、いつかおじいちゃんになる。

今しかない時間を生きている。

 

28歳って私の知っている人生の進み方でいうと、ちょうどいい転機のタイミングというか、

本当にこのまま進んでいいのかなぁとか、

社会ってこんな所だったの?

こんなところにこれからあと何十年もいないといけないわけ?

と考える時期だと思う。

 

私はその頃結構慄いていたから、

社会における28歳という年齢の身長と体の重さをよく覚えている

 

その高さから見ているものは美しいものばかりじゃなかったし

どれだけ首を傾げても見えないところにてっぺんがあったし

そもそもてっぺんを目指したいのかどうかもわからないことに気づいて、

ただもっと首を傾げた。

 

そしてそれでも道を走り出してしまっている自分の体のスピードを知っていて、

そこに作用している慣性に従うことの利点もわかっていて

もう曲がったりすることなどきっときっとないような気がしていた

 

でも曲がり角は本当はたくさんあったし、

子供みたいにちょっと転んで膝を擦りむけばいいだけで、

曲がることはいくらでもできたんだよ。

 

----

 

アヴィが嘘をついたことはなかったと思う。

話してくれた言葉は

きっといつもその時の彼の真実だった。

 

彼が泣いた時

笑った時

髪を伸ばしたり

髭を伸ばしたり

体が痩せたり

大人になっていく中で

歳を重ねていく中で

真実は変わったり曖昧になったり一つじゃなくなったりするけど

アヴィという声はひとつしかない。

 

彼は、

I have to do what's right for my heart.

といった。

 

アヴィという心臓は、ひとつしかないんだ。

 

----

 

現代社会におけるアヴィの脱退理由を考えた時

彼の決断とその発信にはものすごく大きな意味があると思う。

 

Never apologise for who you are.

自分はこういう人間なのだという事項について

申し訳無いなどと一切思ってはならない

 

アヴィの心臓は、これからも真実の鼓動を打つ。

 

アヴィがただ黙っていなくなったりしなくてよかった。

 

人が自分の呼吸を続けていくのなら、

自分の鼓動で生きることを続けていくのなら、

それは勝ちなのだ、それこそが勝利なのだ

とわかって

そうして自分を許してあげられるホリックさんもいるといい。

 

----

 

私は、アヴィの脱退発表の動画を見た時、

言葉に詰まるアヴィの顔をスコットがきちんとしっかり見ているのを見て

ああ、この子は逃げない子なんだ、と思った。

人が、傷ついたり、怯えたり、悩んだりする姿を、

ちゃんと見て、手を差し伸べて、背中をさすってあげる子なんだ、と思った。

 

だからきっと大丈夫だよ。

 

ペンタトニックスというグループがこれからどうなるかとか、

どういう音楽になるかとか、

そういうことはわからないけれど、

アヴィはこれからも自分の職業を好きでいられるだろうし、

スコットはこれからもアヴィのお友達でいるだろうと思う。

 

だから、これからも。

 

変わるけど変わらないもの。

ペンタさんの音楽を好きだけど

私はやっぱり仲のいいペンタさんだから好きになったから、

こういう道を選べる五人でよかったなと思う。

こういう、道の続いていく五人でよかったなと思う。

 

人が生きて行くという中で、

その道が交わっても一つになるなんてことはやっぱりなくて

並走したり少し違うリズムで上下したり左右したりしながら

出会って別れて進んでいく。

 

息をしている。

空の色が変わっていく。

この進む世界で

広がり続ける世界で

幸せを見失わないための努力を尽くすということは

何よりも戦いで

何よりも過酷で

何よりも負けたり譲ったりしてはならないものだと思う。

 

だから交点が終わっても

それは悲しいことじゃないんだよ

 

----

 

自分の人生を振り返ったとき、6年という歳月は決して短くない。

嘆いたり悲しんだり、ただその日の色に染まりながら

沈み続ける夕焼けを見て、昇ることをやめない朝日を待ち望んでい

それと同じ回数の地平線を、ペンタさんは五人で揃って見てきたんだ。

 

だからこれは、

これからも戦うことはやめない。

という、

共同宣言だったんだと理解している。

 

----

 

未来への約束なんてどこにもないけれど、

今までのペンタトニックスを応援してきて

私は間違っていなかったんだと

アヴィが離れるから

離れてしまうけれど

だから私は確認できたから

自信を持って言えるから

だから寂しいけれど

悲しくはないんだと

この全てをスコットに託す。

 

ここからフュージョンチェスみたいな斜め上の何かが出てくること

期待している。

 

Ready? Happy. We're gonna kill it.

One, two, three.

 

今回の動画に入れられなかったけれど

ずうっと温めているスコットのこの言葉を

また懐におさめて

動向を見守る。

 

5つの声が歌い始めるまで。

 

パチパチ

trans - ptx | 13:26 | comments(0) | trackbacks(0)

Music: Nuvole Bianche - Ludovico Einaudi (cover by Alexander Flemming)

 

人とお話するだけでなく、

何かを分かち合えた今日。

 

もう少しここにいてもいいかなって思う。

 

----

 

トロントの

煌めく濁りのない水辺で

風のにおいだけを感じながら

自分が自分の無力さを忘れていたことを思い出した。

 

できると思っちゃってたんだいつの間にか。

がんばればいいのにがんばらないで

だからサボってるばかりのような気がして

ごめんなさいごめんなさいってみぞおちの奥の胸で呟いていたんだけど

 

でも本当は私には何のパワーもないんだった

 

ひとりで眠ったベッドから

誰も私を待ってはいない世界に目覚めて

身体を起こして

顔を洗って

荒んだ空気の社会に出ていく。

白い息を吐いて

分かるような分からないような言葉たちで会話をしながら

私は音を聞いて

頷いて

首を傾げ

歩いて

立ち止まって

お金を生んだり使ったりしながら

存在している

 

今この時のこの世界で生きている

 

これはすごいことなんだ

 

----

 

なんでこんなに簡単に忘れちゃうんだろうなぁっていうくらい

当たり前の気がしてしまうの

 

周りを見て

できている人ばかりで

 

なぜ自分はちゃんと起きて元気になれないんだろうとか

なぜ自分はお家がきれいじゃないんだろうとか

なぜ自分は

なぜ?

なぜ?って

 

でもこれは

何かができていないのではなくて

どこからか後退しているのではなくて

ここから前へ進むところなんだって

デフォルトなんだよ

そういう設定なの

 

マイナスではないから

あとはプラスになるしかない

 

----

 

ないものではなく、

そうじゃなかった自分ではなく、

動き出した自分を数える

規定値から

ちょっとがんばって離れようとしている自分

 

暫く会っていなかった友達にメールをしたから、1。

このまま流しても良かったけどこの気持ちを文字にしたから、2。

 

向こう側の見える水が風に揺れて

閉じた目でも季節が流れていく様子を見てとれたから

トロントまで出かけた自分に3。

 

今日を終えた自分に4。

 

明日もきっと目覚めて息をする自分に5。

 

 

日常雑談 | 03:55 | comments(0) | trackbacks(0)
RISE(Katy Perry Cover) by SUPERFRUIT

Music: RISE (Katy Perry Cover) - SUPERFRUIT, Mary Lambert, Brian Justin Crum, Mario Jose
 

以下、厳密な訳ではなく個人の解釈です。広い気持ちで見ていただけると。

 

----
 

音楽のアーティストとして、
僕らは世界にメッセージを発信できる場を得ることができました。
この中で、元気をもらい、またやりがいを感じるのは、
僕らの仕事には、誰かの人生を変えることが出来る力があるということです。
音楽に夢を追った自分たちの初心と、
ポジティブな形で人々に触れていきたいという気持ちから、
僕たちはLGBTQ+コミュニティのみんなと、
壁を作らず無条件に僕らに愛してくれるファンのみんなの祝福として、
仲間たちとこのビデオを作りました。
自分である自分を誇りに思えるきみに、
皆と違う、ということのパワーを疑った経験のあるきみに、
この動画をみんなに捧げます。

ようやく公開できて嬉しい!
 

As music artists we are given an incredible platform with which to reach the world. One of the most inspiring and rewarding aspects of our job is the ability to make a difference in people's lives. In keeping with the spirit of why we pursued our dreams as music artists, and the positive impact we aspired to have on others, we decided to make this video with some of our closest friends in celebration of the LGBTQ+ community and all of our fans who love unconditionally and see no barriers. For anyone who has ever felt pride in who they are, and for anyone who has ever doubted the power of your own uniqueness, this video is for you. It warms our hearts to finally be able to share this with you!! 
 

xoxo 
Scott, Mitch, Mary, Mario, Brian

 

----

 

ただ永らえるだけじゃなく
I won't just survive
限りまでこの命 謳歌してみせる
Oh, you will see me thrive
僕の物語なんて書けるものか
Can't write my story
僕はこれまでを越える
I'm beyond the archetype

 

つまらない同調などしない
I won't just conform
どれだけ芯まで揺すぶられても
No matter how you shake my core
僕には地に深く張り広げた根がある
'Cause my roots? they run deep, oh

 

君は信じることを知らないのか
Oh, ye of so little faith
疑わずに 疑わずに
Don't doubt it, don't doubt it
勝利をこの身体で感じられる
Victory is in my veins
知ってるの 知ってる
I know it, I know it
妥協の余地もない
And I will not negotiate
戦うから 戦うの
I'll fight it, I'll fight it
そして花開いていく
I will transform

 

何度 炎で足場を失おうとも
When, when the fire's at my feet again
最期の時を待つ猛禽たちが空を囲もうとも
And the vultures all start circling
声がささやこうとも 「お前はもう終わりだ」と
They're whispering, "You're out of time, "
でも僕は起つ
But still I rise

 

手違いじゃない 間違いじゃない
This is no mistake, no accident
棺の扉を閉じたとでも思ったのか
When you think the final nail is in
まだ僕は終わってない
Think again
驚いたりするな
Don't be surprised
ここから僕は起つ
I will still rise

 

忘れてはならない自我を
I must stay conscious
この狂乱と困惑の中でも
Through the madness and chaos
だから僕は天の使徒を呼び
So I call on my angels
彼らの声を聴く
They say

 

信じることを君は知らないのか
Oh, ye of so little faith
疑わずに 疑わずに
Don't doubt it, don't doubt it
勝利はこの身体を走っている
Victory is in my veins
君も知ってる 分かってる
You know it, you know it
妥協などしたりするな
And you will not negotiate
戦うの 戦って
Just fight it, just fight it
変わっていくんだ
And be transformed

 

だって炎で足場がなくなろうとも
'Cause when, when the fire's at my feet again
最期の時を待つ猛禽たちが空を囲もうとも
And the vultures all start circling
声がささやこうとも「お前はもう終わりだ」と
They're whispering, "You're out of time, "
それでも僕は起つ
But still I rise

 

手違いじゃない 間違いじゃない
This is no mistake, no accident
棺の扉を閉じたとでも思ったのか
When you think the final nail is in
まだ僕は終わってない
Think again
驚いたりするな
Don't be surprised
ここから僕は起つ
I will still rise

 

疑わずに 疑わずに
Don't doubt it, don't doubt it
勝利はこの身体を走っている
Victory is in my veins
君は知ってる 分かってる
You know it, you know it
妥協したりなどしない
And I will not negotiate
戦うの 戦って
Just fight it, just fight it

 

「お前はもう終わりだ」
"You're out of time, "
それでも僕は起つ
But I still rise

 

「お前はもう終わりだ」
"You're out of time, "
ここからこそ僕は起つ
I will still rise

trans - ptx | 08:18 | comments(0) | trackbacks(0)
The woman you are

Music: The Woman I Love - Jason Mraz

 

嵐さんカテゴリのエントリなんて久しぶりだなぁ!

 

----

 

二宮さん関連をすべて追っているわけではないですが、

もはや何を持ってすべてとするのかすら分からない情報社会ですね。

 

私は基本的には恋愛は好きにすればいいやん、というスタンスです。

結婚もしたいようにしてくれ。

子供もこさえたいようにこさえて欲しい。

 

だけどあなたの挙動であなたを見切るよっていう自由だけが私にはある。

それは常に上から目線なもの。

この関係のなかで私は常にいつ何時だって上位にある。

振り下ろされた刀に傷ついた、と下からうめく類のものじゃないんだな、私の場合。

 

そういう意味で

大野さんを傍から見ていてアウトだなって思ったのは、

自分の絵のパグ、というところで、

それはアイドルを職業とする貴方自身ががなんとかできた範疇ではないかと思った。

 

結局実際がどうかなんて誰も知らんけど。

 

----

 

人を好きになるって暫くやったことがないなぁって思いながら、

その関係の築き方の過程を考えてみる。

 

想定30代前半。

 

,泙最然とその人を好きになる。

その人にまつわる過去や物事や関係性をひっくるめて知りたくて、

知るたびに少しずつ、

あぁ好きだなぁって思う。

 

⊆,房分とその人の近しさを確立する。

嫌われたくないなぁって思いながら

色んな扉を開けて見せる。

嫌いになりたくないなぁって思いながら

色んな引き出しをあけて覗く。

 

その人がもつ周辺の関係性に自分も浸透する。対人関係交友関係等。

ある程度年齢を重ねているので思うところもあっても、大抵は身を任せる。

それなりに様子を見守りながら、真に耐えがたくなったら突っ込む。

 

----

 

どうなんだろ、一般的に△鉢は同時進行なのかね。

それって達成できるものなのかな?

 

SNSで相手がどんな投稿してるかとか、

口出ししながら恋って育めるものなのだろうか。

 

私は相葉さん推しだけど

嵐の皆さんと本当に出会ったらきっと誰とでも恋に落ちちゃうと思うから

二宮さんと付き合い始めたと仮定するシュミレーションを起動することもやぶさかではないけど

「自分が彼女と同じ投稿をするかどうかは別にして」(大声)、

彼氏に自分のSNSの投稿をこうしてああしてって言われたらイラってするなって思うわけ。

 

そういう恐怖を二宮さんは抱えているんじゃないかなって

物凄く勝手に想像力豊かに考えるわけですよ。

 

要は好きな人に、

「オマエ投稿の仕方ちょっと考えない?」

って言いにくくない?

っていうもの凄く一般人な想定なんだけど。

 

でも擁護。

 

全体像分かってないけど

アイドル本人にどこまで裁量があったのかは

きっと彼ら本人にも分からないんじゃないかなぁって。

 

だって恋って臆病じゃん。

arashi | 22:56 | comments(0) | trackbacks(0)
The Deep Blue Sea

Music: Diamond - Alex Goot, Julia Sheer, Chad Sugg Cover

 

7年前の今頃、突然NYから日本に戻ってくることになって

途方に暮れていた。

 

人生の夏休み。

 

あの夏を越えて東京でお仕事を初めて

素敵な先輩たちに恵まれて

 

でもそれでも私は英語が話したくて、

お友達を作りに行ったんだ。

 

And it went wrong.

 

新宿のもう閉まってしまった地下街に続く階段に座り込んで

なんとかして国際電話を繋げようとしていたことを覚えている。

 

良く思い出す。

 

酔っぱらっていたのか動揺していたのか悲しんでいたのか分からないけど

まだカリフォルニアにいたCJか

ニューヨークにいたMimiちゃんに繋がったらいいなぁって

思ったんだよね。

 

当時はガラケーでアプリなんてものがなかった。

 

----

 

舞台は、感情の揺れ動きとか

物語の流れに応じて情景を描いたり小物にズームインしてくれないので

脚本と目に見えるものが勝負。

 

言葉のすべては聞き取れないまま、きっと大いに損なったんだろうなと感じながら席を立つ。

なので演劇はあんまり見に行かない。

 

トム・バーク目当ての不純な動機で行ってきた。

やっぱり全部は分からなかったなって思う。

The Deep Blue Sea.

 

とても理解したけど。

なんて良く書けてるんだろうって

主人公を見ながら、

私はこの女性を知ってるって、思ったけど。

 

共感できる話だったんだ。

それは明白だった。

 

でも流されなかった。

つられなかった。

It didn't move me.

 

動かされなかった自分。

 

いつまでここにいるつもりなんだろ。

 

----

 

随所随所で

あぁ、私はこの感覚を知っている

っていう場面に出会う。

 

わたしその気持ち分かるなって。

 

でも凄く客観的なんだよ、それが。

共鳴しないの。

 

ただ認識している。

 

私は、こういう風に傷ついたことがあるって。

 

----

 

座り込んでしまったあの階段から

いくら+と00と01を掛け合わせても呼び出し音は鳴らなくて

もう諦めるしかなくて立ち上がったんだ

そして笑った。

 

誰も側にいない自分の強さが滑稽だった。

 

----

 

このまま生きていったらどうなるんだろうって最近思うんだ

 

お仕事に悩んでいるっていうのもあるけど

人生にも悩んでいる

在り方に悩んでる

 

自分がどういう強さを持ちたい人間だったのかを忘れた

 

気が付いたら強かった

 

----

 

空を見上げながら

溜息をついて少し泣いて

でも泣きながら前に歩ける人間でいたいなって

泣きながら笑って

笑いながら泣いて

でも誰かに辿り着く人間でいたかった

 

でもそれを願っていた時

私はそれができていたんじゃないかって

そういうあり方ができてたんじゃないかって

いま思う。

 

こんなに強くならなくて良かったんだ。

 

ひとりで生きて行けちゃう

幸せになれちゃう

 

悲しくても

ほこりのうっすらする床に寝そべっても

止まない雨の音を遠くに聴いていても

お腹がすいて

手のひらを地面につけて

上半身を起こして

でこぼこな地面に膝を立てて

私は立ち上がる

 

立ち上がることが出来る

 

----

 

時たま考える。

 

部屋の灯りを消して

目を閉じて

自分を手放すまでの長い長い時間

日常の解かれていない思考と困難の塊がぶつかってくる時間

 

I've had worse. って思うことについて

私はこれを一人でサバイブできるって

想っちゃうことについて。

 

There shouldn't have been worse.

I shouldn't know how to survive this alone.

 

だけど今弱くなったら

今助けが来てしまったら

繋がらなかった電話を握りしめて

泣きながら電車に乗っておうちに帰ったあの子は

どこに行っちゃうの

 

I want that to mean something.

I need that to mean something.

 

Because it has to.

日常雑談 | 21:55 | comments(0) | trackbacks(0)
Alive

Music: Alive - Sia

 

日によっては毎日4回虹が見られる

 

雨が降っては止んで

気がすむと晴れる

 

そしてまた思い出したように泣く空

 

----

 

海外から日本に伝わらない想いとか

 

起こってる事すら知らないミーティングで出た論点とか

 

何かを汲んで何かを興すことを期待されていることだけが分かって

 

そしてそれに応えていないことも分かっている

 

----

 

how the fuck am i supposed to know?

 

----

 

自分はこのビジョンを共有していない

 

I don't believe in this cause

 

分かっていながら

でも朝起きて会社に行く

 

私は生きていて

そして社会人だから

 

----

 

この苛立ちも悔しさも腹立たしさも情けなさも

全ては I am alive で説明がつく

 

Make it stopと思いながら

生きるのをやめたら

この全てから解放されるのかなと思う

 

日常雑談 | 06:20 | comments(2) | trackbacks(0)
the page of the paint

Music: True Strength - John Dreamer

 

It's a strange feeling to have; to know there is a part of your story, your life story, that you will not share. That you will not tell this specific one part. That you know with conviction that nobody will ever know about this but you. Just you.

It's not even a big chunk, just a moment, like a single page in your story that is to be an epic series of books written up with adventures and suprises and wonder. 

The page is not written in words; it's a page of painted colors of chaos. You don't even know how to look at it, to understand, to be able to read it out loud.

You don't know how to read this page. Though it is your story.

But it's there. You know it is.

And sometimes you meet with people, someone new, because you are alive and living, and you start to share passages from your book, showing, citing what you have written, and all of a sudden you realize just how easy it would be for you to make a mistake. Mistake of accidentally turn to that page that should not exist, and show them the colors that can't be understood and explain. You will have to explain this page. This chaos. This mess. This mess that is you.

And you think maybe you should just close that book and perhaps not open it at all and pretend that you are not writing any story and maybe, maybe, you do not have a book at all. No story to tell. They don't have to know.

Because the paint will soon seep into the other pages and the covers and the title of the book and all of the book, and it will show. They will know. They will see and they can tell.

They will see that I have a page that I can't look at and I can't read. And they will be able to tell what that paint is. They will understand. Only that I won't.

日常雑談 | 08:03 | comments(0) | trackbacks(0)
cuz i'm not good at making promises
Music: Perfect - One Direction

面白いのは、自分がどれくらい日本に帰っていたのか
ちゃんと数えてなかったんですよね。
戻ってくる時の入国審査でどれくらいイギリスから離れてたのか聞かれて、
はて?
となって数えてみたら2週間だった。

お仕事もしたけど、日常ではなかったし
帰ってきてからの連休も合わせたら
通常運転に戻るのはほぼ3週間ぶり。

びっくり。

そんなにお仕事離れたの久しぶりだなーと思ってから、
でも実は自分がまだ復帰一年目だってことに気付く。

たった一年でこんなに「こうあるべき」って確立されちゃうんだね。

学校に行ってる間に目線も立ち位置もしゃんとしたと思ったんだけどな。
けっこう見失っちゃうものなんだなって。
残念だけどね。
毎日が続くと当たり前っていう形って出来上がっちゃうんだなって。

意見とか、立場とか、
私はきっとこうした方がいいんだろうなっていうものを
いつの間にか作りあげて
作りあがって
その中でだけ自由に動いてた自分に
すっかり3週間でもろもろ忘れてきた自分が出くわしている。

けっこう狭かったんだねって思っている。
視界も
心も。

窮屈だったねって。

----

日本にいる間にはたくさんの人に会えて
普段の仕事よりも忙しく分刻みスケジュールみたいになったけど
脈略もカテゴリも筋道も立っていない私のお友達の羅列が
私にとっては凄くだいじになった。

中学から一緒に暮らしてた寮の姉妹
高校の英語の先生
ネットで出会ったファン仲間
尊敬して追いかけてる先輩
お世話になっている上司
大学時代からの戦友
親戚のおばちゃま達といとこのみんな

面白いものも優先順位もぜんぶ違くて
でもみんな同じ毎日を生きてる

同じ未来に生きてく

----

お仕事していると
やっぱり業界という見えないレールがいつの間にかあって
モノの見方の角度とか
色眼鏡の色とか
なんとなくその界隈の定型に染まっていく
そうした方が自分の声が響き易くなるから

でも私は自分が何を奏でるかも
まだ大切にしていたい

----

中学から生活を共にしていた同級生が
油絵の博士号を取った。
歴史とかではなくて実技にも博士号とかあるらしい。

飲み屋でパソコンを引っ張り出して
みんなで博論のプロジェクトを見せてもらう。
6年間ずっと一緒に暮らしてた間柄の会話は
失礼で楽しい。

「これってなんでここにあるの?」
「なんかちょっとエロい」
「これ好き」
「わかんないどういうこと?」

絵画というものを私は分からないけれど
渾身を見せて
それを言葉にして
説明してくれる彼女の勇気は
私に大いなる感銘を与えた。

伝わらないこと
共鳴されないこと

こわさに負けない

こんな学位取っても何にもならないんだけど。
始めたら後に引けなくなっちゃって。
と笑う彼女は、
13で出会った頃から間違いなく絵を愛していた。

好きという自分の熱を怖れない強さを
わたしも
欲しい。
と思ったんだ。

----

どうやったら伝わるかな?

どうやったら勘違いされないだろうか?
が共存している毎日を
私は窮屈に送っていたんだと
久しぶりに仕事のメールを打ち始めて気付く。

どのような勘違いがあるというのだろう
それは
何パターン想定すれば
私は配慮を尽くしたことになるのか

きっと2016年のどこかで
私はまた繰り返される毎日に飲み込まれて
見えないレールの上で
触れない壁の中で
自分とはこういうもの
を作り出してしまうから
いまは
1月の今は
まず何より自分の考えに素直に
伝えたいことを
文字にする。

言葉にしていく。

パチパチ
日常雑談 | 08:20 | comments(0) | trackbacks(0)
| 1/122PAGES | >>


CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
PROFILE
NEW ENTRY
RECENT COMMENT
カウンタ
はくす
arashi
RECENT TRACKBACK
RSS
CATEGORIES
めーるふぉーむ
Photo album
LINKS
ARCHIVES
OTHERS
RECOMMEND

SPONSORED LINKS