ONE VOICE

笑っていれば、イイコトあるよ

* ONE LOVE + ONE LIFE + ONE VOICE *

Don't love me for who I am.
Love me for who I can be,

and I'll be that person for you.
<< Say Something | main | Mad Max: Fury Road >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
Go the Distance
Music: Go the Distance From 'Hercules' - Makiko Hirohashi

久しぶりにカフェに来ています。
カフェに来るのは久しぶりじゃないんだけど。

パソコンを持ってきた。

そういう気持ちになったのが
久しぶりだなって思う。

書きたいものがある気がするの。
聞いてほしいことがあるよ。

It feels like waking up.

おはよう。

——

ずいぶんしばらくぶりのエントリです。
しばらくってどれくらいだろうって考えると、衝撃を受ける。
前にパソコンを持って足繁く通ったカフェは、NYの時のあのカフェだ。
と思って、ハッとする。

あれってもう5年も前なんだ。

5年も前なんだよ、笑っちゃうね。
だけど進んできたんだな、と思うの、最近。
5年前から見たらここは将来で、
欠片も見えなくて不安でしょうがなかった未来だったんだなって。

明確に目指していたわけでもなんでもないけど、
きっとこの方向が前だった。

そしてここまで進んできた。

----

最近ツイッタの方ではじめましてしている方がたくさんいるので、
改めて自己紹介など。

----

Roxie-reeというハンドルを使い始めて、
たぶんもう12年くらい経ちます。
干支が一周した。

日本で生まれて
田舎でのびのび育って、心底真面目に思春期をやって、
大学進学の時に好奇心だけを抱えてアメリカに飛び出しました。

カリフォルニアの大学にいた2003年頃に、
当時の勇気の源だったAndy Roddickというテニス選手をもっと応援したくて
英語の勉強を兼ねて、彼のインタビューを日本語に訳してみたのです。
数が貯まったのでどこかに収めておきたくて、
当時は主流だったホームページというものを自分で立ち上げました。
One Voiceというタイトルも、この時からずっと一緒です。

大学を卒業後は、NYでお仕事をいただいて社会人になりました。
いろんなことがありました。
半分以上は大変なことでした。でもがんばった。
がんばった1年半だった。

そのがんばりを自信に変えられそうだった2009年、
私はとつぜん日本に帰ってきてしまいました。
バケーションのつもりで実家に帰ってきたら、
査証の関係で、もうアメリカに入れなくなった。

心の準備ができてなくて、
完全にすっぽり道を見失いました。

悲しいという気持ちもあったけど、
ただとにかく悔しかった。

途方に暮れて、でも立ち止まれなくて、
ただ焦って何かのペダルを踏み続けた私は、
ネットで見つけたポジションに応募して、
東京でお仕事をいただくことができました。

6年ぶりの日本で、不安だらけの毎日で、
だけどその職場にはご縁というその言葉だけでしか説明できないような
素敵な先輩たちがいたのです。
幸運でした。
そうとしか言いようがない。

私はこのMさんとNさんという先輩が好きで、
この2人みたいにお仕事ができるようになりたくて、
それだけを理由にものすごくがんばってお仕事をしました。
そうしているうちに、いろいろなことをさせて頂いた。
いろいろな場所に連れて行って頂いた。
そして私は、自分がそのポジションでできることのすべてをやり尽くしたと思った。
なので2013年に自ら卒業しました。

いまはまだ、方便で使ったいろいろな理由が残っているけど、
やっぱりもう一度海外に行きたかったし、
新しいものを見てみたかった。という単純な話だった気がします。
迷いと不安と捨て切れなかった好奇心を抱えて、
今度はイギリスの大学院に行きました。

去年無事に卒業して、
いまは日本でお世話になっていたその団体の
イギリスのオフィスで働いています。
規模がすごいちっちゃくてね、NYの時みたいだよ。
オフィスに2人しかいないっていうのも、あの頃にそっくりです。

もうすぐ、もう1人は任期を終えて帰国するので
ひとりになるんだけどね・笑

それはまた別のお話。

——

ここ5年近く、クルクルと回り続けていた羅針盤が
なんとなく北らしき方角をみつけて
だんだん間隔を狭めながらゆらゆらするようになった気がします。

どこで生きていくのか
やっぱりまだ分からないけど、
その場所を探しながら生きていくことに
誇りをもってもいいのかなと思うようになった。

これは終わらなくてもいい
ひとつの大きな旅なんじゃないかって。

It might take a lifetime 
But somehow I'll see it through 


どうやってここまで来たのか振り返ると、
It makes sense.
ああ、そうだよねって思うの。
It's very convinsingly "me".

この道が私なんだなって。

----

明日はちょっとお仕事が貯まっているので、それを片付けようかな。

青い空が見えますように。

改めまして初めまして! 久しぶり! パチパチ!

■hijiriさん> パチコメありがとうございますー。どちらにいただくコメントでも嬉しいですよ! トリビア、楽しんでいただいてよかったですー。あーその動画分かる!笑 そのシリーズもありますよねー 確かにそれも面白そうだな。。(メモメモ・笑)
はじめに | 23:11 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | 23:11 | - | -









http://roxieree.jugem.jp/trackback/1235

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
PROFILE
NEW ENTRY
RECENT COMMENT
カウンタ
はくす
arashi
RECENT TRACKBACK
RSS
CATEGORIES
めーるふぉーむ
Photo album
LINKS
ARCHIVES
OTHERS
RECOMMEND

SPONSORED LINKS