ONE VOICE

笑っていれば、イイコトあるよ

* ONE LOVE + ONE LIFE + ONE VOICE *

Don't love me for who I am.
Love me for who I can be,

and I'll be that person for you.
<< Freestyle | main | 近況。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
Westlife
今はもうファンというには情熱に欠けるけれども、この人たちとは本当に縁があるとしか思えないめぐり逢いが何度もありました。運命的だというなら、確実にそう。

Backstreet BoysのBlack and Blueを視聴しようとしたら、ボタン操作を誤り、WestlifeのCoast to Coastを聞いてしまい、My loveでトリハダを立ててしまったあの日。いってしまえば人生で一番運命的だった日(苦笑)。その爽快で慈しみのある声にストンと落ちて即お買い上げ。洋楽はその頃から聴き始めたんですが、Westlifeの曲は英語がとても聴きやすく、歌詞カードを見ながらなら簡単に歌えるような曲ばかりで、その上癒し効果バツグンなので、毎晩聞きながら寝ていたら、日本にいながらにして英語で夢を見たという逸話付き。英語がある日突然できるようになった。という嘘みたいな話も、この人たちのおかげで高校在学中に経験しました。そしてワタクシ現在NYにおります(苦笑)。人生ってのは分からない。

Nickyが付き合ってる高校の同級生が、実はたまたまアイルランドの首相の娘だってことが発覚したり、Bryanが結婚して子供が生まれたり、ShaneがKianのいとこと付き合い始めて、Kianがなんか俺の立場ってビミョーと言っているうちに二人が結婚してしまったり。昔から恋路にもなかなかオープンなグループでしたけど。波乱も万丈で。

アメリカに来て、しばらく遠ざかっていたある日、ふと思い立って検索してみたらなんとBryanが脱退したその翌日で。ビックリ仰天して記者会見のビデオを見ながら、この世の果てまで負けず嫌いなはずのKianの素直すぎる手紙に思わず泣いてしまったり(どちらかというと泣いているKianに泣かされた)。何とかこの手紙に込められた彼らの万感を、日本の皆様にも! という単純な想いからビデオ翻訳というものに手を出し、そして自分が意外と英語をかなり理解できていることに驚きと自信をもらい。

それからしばらくしてふと思い立って検索してみたら、今度はMarkがGayであることを告白した次の週で。ビックリ仰天していろんなウェブサイトを漁っているうちに、女性ファンが「そうならそうと初めから言ってくれたらよかったのに」と嘆いているのをGayの男性ファンが「分かるよその気持ち。僕もShaneが結婚したとき、ものすごく裏切られた気分だった」と慰めているのを見て、なんだか面白いようなあったかいような切ないような非常におかしな気分になり。

つい最近ふと思い立って検索してみたら今度はKianが婚約したと。

何でこうもいいタイミングで思い立つのか。
それはやっぱりご縁なんじゃないかと思うわけですけれども。

いろいろ最近のインタビューを見てて、ほほえましかったのが、Markのセクシュアリティーを隠さずにいられることに、Mark自身もグループ自体も慣れてきて、普通にジョークを言いあってるところ。インタビュアーがNickyとShaneに向かって「二人はもう子供がいるのよね?」と聞けば、Nickyが「そうだよ。でも僕ら二人の子供じゃないよ」と答え、それを聞いてMarkが「そんなことがあっても良いよね」と真面目くさって呟き、Shaneが爆笑する、とか、ね。

とてもおもしろくて素敵なインタビューを見つけたので、久しぶりに訳してみようと思ってます。相変わらず好き勝手喋る人たちなので、今からものすごく難しいのが分かってるんですが、でも久しぶりに訳したい! と思ったクリップなので、がんばってみようと思います。しかしアイルランドのアクセントは分からんなー。

ちなみに訳そうとしてるビデオクリップはこちら。課題のようなものです。久しぶりに取り掛かるものがあってもいいかなと思って。


運命とはかくも偶然のかたまりである


2/29 かえるやんさん>お互いに素性も知らず会いたい!会いたい! と言っているのがなんかよく考えると面白いRxRだな、とふと思いました(笑)。ARRASHI会はぜったいやりたいですので、かえるやんさんもぜひNYにお越しくださいね(あれ?)。ドームツアーはドームツアーなのに激戦なのかしら。いい席があたるといいですね〜。誰のうちわを買うか、考えましたか?(悪魔的微笑)

3/1 凛さん>私も最近将来の身の振り方について悩ましい毎日です。でも悩むよりかは考えるように心がけているんですけどね。ぐるぐるしないで筋道を立てて順々に解決して行こうと思って。まぁ考え出すとぐるぐるしちゃうんですけど、結局。NYには来てくれなくてもいいけど、来てくれたら喜び勇んで出かけてしまうんだろうな自分(笑)。地方巡業もあるかも知れないそうですね? 凛さんも見られたらいいですね^^
favorits | 00:42 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | 00:42 | - | -









http://roxieree.jugem.jp/trackback/654

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
PROFILE
NEW ENTRY
RECENT COMMENT
カウンタ
はくす
arashi
RECENT TRACKBACK
RSS
CATEGORIES
めーるふぉーむ
Photo album
LINKS
ARCHIVES
OTHERS
RECOMMEND

SPONSORED LINKS