ONE VOICE

笑っていれば、イイコトあるよ

* ONE LOVE + ONE LIFE + ONE VOICE *

Don't love me for who I am.
Love me for who I can be,

and I'll be that person for you.
<< 出会い100000 | main | USO 2008 QF >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
Minority is Reporting
先日このブログで、私バイかも知れません、という話をしました。
特に反応もなく、私の中では、あ、やっぱり別にそんなにたいしたことじゃないのだな、という風に受け取ったのです。
だいたいブログ主がバイだからどうなんだという話です。
わざわざコメントしたりはくすしたりすることでもない。

昨日のことです。
うちのオフィスでささやかなパーティーを開いたのですが、そこで、初めて、ひとがひく音というものを聞きました。ビジネスのパーティーではありましたが、かなりの割合でカジュアルで、お酒も入っていたからか、彼氏はいるのか、という質問をされたのです。周りには5人くらいの人がいて、そのうちの4人は女性で、一人が男性で、全員日本人でした。彼氏は現在気配も希望もない存在なので、「いないですね〜。でも欲しいともあんまり思ってないんですよね」というふうに答えました。そして「私、実は彼女がいて」と言ったんです。

私の中ではその発言で話は終わりではなくて、「いや、彼女じゃないんですけど、存在的にもう付き合っているようなもので、お互いがいれば別に出会いはなくてもいいかなみたいになってしまっているので、それがまずいのかと思うんですけどね」と続くはずだったのです。
が、

そこでいっせいに人が引いていきました。

誰がどういう顔をしたとか、どういう行動をしたとか、そういう具体的なことではなくて、まったく感覚的なレベルで物事をいいますが、その場にいた人間が、仲良くなろう、近しくなろうという前傾姿勢だったのに、その瞬間、その発言を聞いた瞬間に、何百キロも先のほうまで遠ざかっていく音を、私は聞きました。

ショックでした。

ビジネスの場だから、彼氏や彼女の話はしない、ということなら分かるんです。
でも彼氏の話はしてもいいのに、彼女の話をすると引く、というのはどういうことなんでしょうか?

話の続きはきちんとしましたが、果ての果てまで逃げていってしまった彼らは、随分とその冗談におざなりな笑いを返してきました。
They are such jerks.

その後Mimiちゃんが来てくれました。
忙しいのに、私が救援要請の電話をかけたら1時間後にすっ飛んできてくれたんです。
I really wanted to say "Oh hey, this is my girl."
and I would have said that proudly.

臆病な私は、彼女を彼らに紹介もせず、隅のほうで二人で話していました。

正直多分、幻滅したんだと思います。
NYに住んでいる人なら、Gayの人には1日一人はすれ違うといっても過言じゃないと思う。
そして今回私が話していた人の中にはNYに15年住んでいるというツワモノもいたんです。

どれだけビジネスで成功しているか知りませんが
人間として、they have so much more growing up to doという気がした。

情けない。

そしてそれに傷ついている自分が情けない。
クローゼットから出てきている(英語でカミングアウトすることはCome outとも言いますが、Out of Closetと表現もします)人たちが、毎回こういう思いをするのかなと思うとやりきれない気持ちです。

私は身の回りの友人に恵まれてきました。「私バイかも」と冗談めかして話してみても「あ、そうかもね」で終わらせてくれる人ばかりでした。実際にまだ同性と付き合ってみたこともないし、異性に対してですら特に性衝動なんてものがあるわけでもないので、正直なところ自分の性癖がどうかなんてことは分かりません。でも、そうかな、そうだったらどうしようかな、と怯えている部分は正直に胸の中にある。そしてなぜ自分が、私バイかも、という考えに怯えなくてはいけないのかが、昨日目の前で証明され、立証されて、判決を下した感じです。

Minorityとはきっと、人数のことでなく、その他の大多数に怯えることを言うんだと思う。


パチパチをする
日常雑談 | 15:34 | comments(4) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | 15:34 | - | -
はじめまして。別の方のお部屋でコメントしておりました。やすこと申します。私は、私自身のセクシャリティをハッキリ自覚してから、世の中で恋愛というと、なぜ当たり前のように男女間のことになってるんだろう、と思っています。好きな人がいる、とか恋人がいる、となると、それが異性であることが常識で、同性だったとしたら、ひた隠しにしなくちゃいけないような。わざわざ、声高に言う必要はないけれど。でも、私はバイである自分を大切にしたい。こちらのお部屋に相応しいコメントではないかも知れません。雰囲気を乱してしまったのなら、どうかお許し下さい。
| やすこ | 2008/09/09 22:04 |
以前ジャニに関係ないHPをやってたときに知り合ったアメリカ在住の女の子(結婚している)がね、実はバイだと告白してくれたのね。
アタシはその時、ホントにホントになんとも思わなかったのよ。
ただ、結婚してるという事実が彼女に重荷にならなければいいなと思っただけで。

怯える必要はないと思う!
気休めにしかならないことは重々承知いたしておりますが。

自分らしく生きるためには強くなくちゃいけなくて、それはとても難しいことだけど・・・。
怯えることはないのよ。
そして万人にわかってもらう必要なんかない。

性別よりも、心からその存在を欲する相手と巡り合うことができたらいいね☆
ちなみにアタシはその相手がどうやら国民的アイドルだったようです(笑)
| ポポン | 2008/09/09 23:30 |
やすこさん

はじめまして〜。
お返事がことごとく遅くてすみません。
コメント、ありがたく頂戴しております。もーちょっとお待ちを!

>世の中で恋愛というと、なぜ当たり前のように男女間のこと
悪気がないのは分かってるんですが、驚かれると、こっちも驚きます(笑)。引かれるとがっかりします(苦笑)。うん、でも正直、暫く日本に帰っていないし、こういう話を日本でどういう風に受け取られるのかが分からない分、日本でこの反応だったらそんなに驚かなかったと思うんですけどね、NYだったということで、期待しすぎたのがいけなかったのかな?

どんな自分でも、誰を愛している自分でも、自分は大切にしてなんぼだと思います。素敵なコメントくださってありがとう。雰囲気なんてうちのブログはあってないようなものですからね、次から次へと話題が変わるし(苦笑)。いつでもまたコメントくださいますよう^^
| Roxie→やすこさん | 2008/09/12 12:15 |
ポポンさん

こんにちはー。
お元気ですか?
お返事遅くなって失礼しました。
コメントありがとうです! 嬉しかった^^

>ただ、結婚してるという事実が彼女に重荷にならなければいいな
もし自分がゲイだったらね、諦めがつくといったらヘンですけど、同性とお付き合いすると思うのね。でもバイだったら、両親に血のつながった孫の顔を見せてあげたいし、普通に世の中で当たり前とされている結婚をして、余計な騒ぎを起こさないで家族を作りたいな、とも思っている自分がいるんですよね。どういう巡り会いがあるか分からないけれども、もし選べるのであれば、ストレートであるに越したことはない、と思っている自分もいる。それはやっぱり、自分自身が、ストレートと、バイとゲイとを、同列に見ていないっていうことでもあると思うので、それで卑屈になって、やたらと被害妄想はいちゃったのかも知れません(苦笑)。

>怯えることはないのよ。
ポポンさんありがとう。
がんばってまいります^^

>性別よりも、心からその存在を欲する相手と巡り合うことができたらいいね
全くです。
どこを探したらいいのだろう(苦笑)。

>ちなみにアタシはその相手がどうやら国民的アイドルだったようです(笑)
彼のラブバラードは素晴らしかったと思っておりますが(笑)

ポポンさんもお忙しそうで。
お体に気をつけてくださいね^^
| Roxie→ポポンさん | 2008/09/12 12:25 |









http://roxieree.jugem.jp/trackback/746

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
PROFILE
NEW ENTRY
RECENT COMMENT
カウンタ
はくす
arashi
RECENT TRACKBACK
RSS
CATEGORIES
めーるふぉーむ
Photo album
LINKS
ARCHIVES
OTHERS
RECOMMEND

SPONSORED LINKS