ONE VOICE

笑っていれば、イイコトあるよ

* ONE LOVE + ONE LIFE + ONE VOICE *

Don't love me for who I am.
Love me for who I can be,

and I'll be that person for you.
<< 曲がり角 | main | 好きこそものの >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
魔王 Ep.9-11 総括
魔王スタッフの皆様、お疲れ様でした。
なんだかんだ言って、毎週楽しみにしていました。
楽しい時間をありがとう。
そして素敵な大野智さんを見せてくださって本当にありがとう。

さて、先に、魔王という作品全体にについて私の思うところを書きます。
私がやれといわれてもできないモノゴトをスタッフの皆さんが総力をあげて作り上げたことは分かってますので、請う、ご容赦。

私が7話目くらいから、目に見えて不満タラタラだったのはご存知の方も多いと思いますが、私は常に全然面白くない! と思っていたわけではありません。何度も言いますが、もったいない、と思い続けておりました。魔王というドラマは、1話目から、常に続きが気になるドラマでした。次はどうなるのだろう? 皆どうするのだろう? 芹沢と成瀬はどうなってしまうのだろう? という疑問は、常にそこにあった。にもかかわらず、同時にこんなにもつまらなかったのは、その疑問に変化が生まれず、大きいたった一つの疑問を持ち続けたまま、魔王は最終回を迎えてしまったから。物凄く面白くなる素質をもった題材だと思っていたので、単調で展開の遅い復讐劇で終わってしまったのが、私は何よりもがっかりでした。

私たちはそれこそ第一話が始まる前から、成瀬が犯人であることを知っていて、第一話で彼の目的が何で、その計画はどうで、いかに彼が捕まらなさそうかということも教えてもらいました。これだけのインフォメーションを差し出してしまうことはサスペンスとしては、結構な賭けのはずで、私の個人的な意見としては、魔王は、自分でつけたそのハンデに見合うだけの働きができなかったのだ、と思っています。

キチガイのメガネ君が登場するあたり、そしてクマ(そんな役名じゃなかったけど)が死んでしまうあたりまでは、魔王は面白かった。それはなぜなら、登場人物が驚くように、私たちは驚くことができたし、私たちの知らない新しい情報が思いもよらないところから出てくる、というワクワク感を楽しむことができたからです。暗雲が立ち込め始めたのは、イケハタが出てきたあたり。彼の人物造形が、あまりにも「気味が悪いだろう、怖いだろう、何が起こるかわからないだろう」といわれているようで、かえってとても白けてしまった。人殺しをしている人を捕まえて、カネのために強請る人間が、怖い、ということは私にとってはまずなくて、あんな馬鹿で一本調子の人間に魔王が捕まるはずがないので、そこでまずちょっと落胆。それから大隈という都合の良すぎる人物の都合の良すぎる登場と退場にも、なんだかなーという気分が否めなかった。そして一リポーターが掴めるネタを、警察(芹沢)がまったく掴めていない所で失望。魔王の最大の問題は、物語の中での情報提供のバランスが悪すぎるところです。

肝心の物語中盤から後半にかけて、あぁバレちゃう、どうしよう、どうしようというドキドキは、あんたたち、まだ分かんないの? いい加減気づけよ! というイライラに変わってしまった。それはなぜなら、見ている私たちにとって、話がちっとも進まないからです。登場人物の皆さんが、視聴者にはるかに後れを取っていて、しかも全く追いついてくる気配がない。その上魔王は、しおりさんというよく分からない女性に惑わされて、仕事がちっとも進まない。

一番いい例が、エロメガネくんのストーリーライン。
私たちは、彼が芹沢兄の奥さんと不倫関係にあることを、1話のそれはもう始まった直後あたりからずぅーーーーーーーーっと知っていました。宗田がそれを知って衝撃を受けているとき、私は、安堵のため息を漏らしながら、「あぁやっと気づいてくれた!」と思ったわけです。待ちくたびれた。例えば、1話から暫くは彼が年上女性とそういう関係にあることだけ描写しておいて、彼女が一体誰なのかは、あえて描かないようにして、そうして、宗田と同じタイミングで、彼女が実は芹沢兄の奥さんだったんだと視聴者が知ればよかったとか思う。そうして一緒に衝撃を受けられたらよかった。そしたらきっと、そのシーンにあって然るべきドキドキが生まれたはずです。宗田が殺されたときに、未だに何も知らない芹沢が、マリさんに電話をかけるシーンがあったけれども、私は、芹沢はそこでなにかに感づいても良かったんじゃないかと思っている。「葛西くんはそんなことをするような人じゃないわ」みたいなコトを彼女が言った時、確信ではなくても、少なくとも何かを匂わせるために「貴女なら良くご存知でしょうね」と言い捨てて、電話を切ってほしかった。私たちは、それこそ3ヶ月のあいだ、この二人の正直別にどうでもいい裏痴話事情を見させ続けられていて、それがついに日の目を見そうだ! というときに、そんなにノロノロされていたら、忍耐も限界です。視聴者が知りすぎている事実なら、登場人物がちょっとばかし勘がよすぎてそれに気づいても、少しくらいならむしろその進展は歓迎されると思うのだけど。

ということを踏まえて、魔王の9話と10話は、まるで話の進まなかった2話でした。
成瀬が犯人だ、ということにようやっと気づいてくれたにもかかわらず、どうも新しいネタは出てこない。なぜ、視聴者は芹沢父が成瀬さんに話す前に、あの事件が単なる事故だということを教えられてしまったのでしょう? 成瀬さんと一緒にその事実を知って、愕然としたかったよ。そうして、いまさらそんなこといわれても困るんだよ! と、成瀬さんと一緒に困惑して憤慨して、動揺したかった。目の醒めるようなスタートダッシュの後に、ストーリーの運びが、私にはどうにもトロ過ぎたのだと思います。せっかくのいいカードを、早い段階から惜しみなく出しすぎたと思う。おかげで最後のほうは、最終回までの待機時間が3時間くらいありました。長かった。魔王のEp.1のレビューに書きましたが、「最大の不安はプロットにあります。Mimiちゃんとも話していたのですが、現時点では要素的に映画の長さにまとめてしまえるくらいのネタしかないように見えるわけです。10話も持つのかな? これから一話につきひとりずつ殺されていって、どちらかにしか転べない最終話に繋がるだけなら、それほどつまらないことはない、とすでに不安。第一話と最終話だけ見ればいいような話になってしまいそうで怖いわけです。物事があまりにも調子良く進みすぎてしまっていっているけれども、こういう話は駆け引きが始まってからが面白いので、来週かせめて再来週あたりには波乱が起きて欲しい。リーダーには復讐を円満に果たさせてあげたいんだけど、物語としてはそれではあんまし面白くないと思うんだよな〜。」という危惧が、現実になってしまった気がする。結局は駆け引きの欠片も出現せず、どちらかにしか転べない最終回にたどり着いてしまった。もう一度このドラマを見るのなら、私は最初と最後を見るだけだと思う。というか、最初と最後さえ見ればいい。それがなんとも寂しいです。

最後に、ストーリー展開は別にして演出の件です。最終回のことばかりです。
こうだったら良かったのに、というか、噛み砕いて言えば、「こうだったらもっと萌えられたのに!」という、何とも独りよがりのわがまま。演出さえうまくできたら、もっと心に残るシーンはたくさんあったはずだと思っているのです。あとは気になった重箱のスミ。
たくさんありすぎるので、ズルをして箇条書きにします。

- 最終回は芹沢の上司から、芹沢の兄から、皆喋るのがびっくりするくらい遅くて、私は画面の中に飛び込んで、一人一人の肩を揺さぶって、さっさと喋れよ! と叱ってやりたかったです。「芹沢は・・・11年前から・・・ずっと・・・苦しんで・・・貴方と・・・貴方と・・・同じ・・・なんです」みたいな。トロい! 感情を訴える間っていうのは、そうそう乱用されていいものじゃありません。アメリカのドラマの、クライマックスに向けて疾走が始まるあの高揚と興奮に飼い馴らされてしまったのか、どうにもこうにも歯がゆくてなりませんでした。もっとリズムよく行こうよ、リズムよく。最後なんだからさ。

- 以下、不謹慎で済みませんリスト。
- お父さんが病院廊下を駆けている描写。お父さんの走り方がどうにも滑稽で笑ってしまいました(スイマセン)。なぜあのカットが必要だったのかが全然わからない。いいじゃん、例えば霊安室の中で、カメラの背後に遺体がある感じで、頑迷蒼白でイスに座る芹沢にフォーカス。その後ろに扉。扉になにかがどーんとぶつかって、フォーカスがドアに映ると、動転してヨロヨロしているお父さんが入ってくる。完全に息切れ。それくらいじゃダメなのかしら?
- 芹沢兄の死に顔がいやに薄笑い気味で、どうにもおかしかった(スミマセン・・・)。
- 芹沢兄の遺言書の文字が、どうにもお粗末でついつい笑ってしまった(スミマセン・・・)。
- なんだかどうにも、「お前たち二人は私の息子だからな」が腑に落ちない。なんていうか・・・うーん・・・いや、わかんない。でもなんか、ちょっと都合がいいような気がする。
- 壁に縋って泣く芹沢は乙女チックだった(ホントにスミマセン・・・)。

- 「上を見上げてみてください」に応える成瀬さんは、目を瞑って上を見上げてみて欲しかった。どれだけ上を見ても、彼に見えるものは暗闇。・・・でもリーダーが素敵だったからいいや(笑)。あの表情には万感、という言葉が非常に適切だったと思っています。

- 誰かこのバカ女に、出ていこうとしている家は死んでしまってもうなくなってしまったのだと、教えてやってくださいよ。

- キチガイメガネに刺されて、ベンチに座っているとき、電話がかかってきて「成瀬です」と応えた成瀬さん。知ってます。ケータイですから。そこは「はい」でよかったんでは? (笑)

- 成瀬さんからの手紙。ここら辺非常に韓国。何よりも大野智の声がいい(笑)。しかし結局、「どうしても死ななければならない」発言を考えると彼女は間中友雄を救えなかったわけで、さらに全ての人間が死んでしまったことを考えると、魔王計画におけるしおりさん効果も全くなかったことになるわけで、結局彼女は何をしに出てきたんだ?(苦笑)

- 走り出すしおりさん。彼女はランダムに人探しをしているわけではなくて、あの廃墟に行きたいわけでしょう? ・・・タクシーのほうが早いんじゃないかな(笑)。

- この回でなによりも衝撃的だった出来事は、キチガイメガネが警察に射殺されたことです。ナニその突拍子もない脈略のない終焉。

- 上司から芹沢父の死を聞いて、へたり込む女刑事。いや、別にアンタがそんなに凹むことはないんでは?

- 血まみれスーツのボタンを止め直す成瀬さん。かわいい。そのしぐさが、何だかいじらしい。だけど、その後に見せる魔王と間中が半々になったような表情が秀逸でした。

- 廃墟で背中を見せて立っていた斗真くんの立ち姿が、いかにも舞台俳優さんで、ちょっと微笑ましかったです。

- 芹沢は周りの人間が死んでいくことに、苦しんでばかりでした。罪悪感ばっかり。純粋な怒りに変わることが、私の目にはシリーズを通して一度もなかった気がします。それが、私はとてもつまらなかった。父親が死んでから、成瀬と正対するまで、走らず、静かに歩を進めてあの場所に向かう芹沢は、確かに激情に駆られていたけれど、成瀬さんが来てくれたと思えば、開口一番「俺のせいで」。それはクライマックスに向けてのスタート地点として時間的にあまりにも遅すぎるだけでなく、感情の起伏としてもあまりにもお粗末で、怒りが消滅してしまうまでが早すぎた。もう少し彼の怒りとか、決意とかきちんと表現されて、そして長続きしてくれたらよかったのにと思う。もちろん芹沢が成瀬さんを撃つとは思っていなかったけれども、「え、やっぱり撃っちゃうの?」という気分にはさせられたかった。せめて拳銃を出したときはハナから両手で構えてくれないと。あんなに簡単に崩れられてしまうのも興醒めだ。感情の持続しない男、芹沢。それはクライマックスを盛り上げるにおいて、ちょっと弱すぎる手駒です。成瀬さんの「早く殺せ!」までは、確実に怒り狂っていて、殺してやろうと思っている芹沢でいてよかったと思うんだよね。ただ、引き金を引くに及べないだけで。だけどその言葉で我に返って、「アンタの目的はこれだったのか」となれば別に良かったんじゃないの?

- 「罪を犯した俺に」・・・要するにアレが事故だったという事実は、もはやどうでもいいのね?(苦笑)

- 芹沢と正対して、泣き出してしまった成瀬さん。できたら「貴方はまだ分からないんですか」ではなく「これで全部終わる」のときに泣き始めて欲しかった。そしてそのセリフは正面で撮ってほしかったぞ。あれじゃ表情が見えないよ。それから、成瀬さんを撮ってるカメラさん、一緒に泣いちゃったんでしょうか? ちょっとカメラが動きすぎじゃない?

- 物陰からハンディーで二人をキャプチャーしているカットがいくつか挿入されていたけれど、あれは普通は誰かが覗き見していることを匂わせるために使うカメラワークだと思うので、別にそんな小細工働かなくても良かったんじゃ、とか思ってしまった。せめてステディーで撮ったらよかったんでは。

- 贔屓目でも何でもなく、感情が爆発している大野智は芸術的です。つい見ちゃう。何が凄いのか分からないけれど、ただ凄いなぁと思う。

- 芹沢が死んだ後のシーン。芹沢に成瀬さんが謝るシーン。二人並んで座っていたあのシーン。まるでテディーベアのように! ナンですかアレは! 滑稽です。滑稽以外のなにものでもないよ!(怒) 何度見ても笑ってしまう。あの演出を考え付いた人を、酒に招いて、一体何が表現したかったのかをしこたま語ってもらわないと気がすまない。おかしいだろアレ! ありえないでしょ、あんなん。死んだ芹沢を、わざわざ起こして、あんな直角に座らせている成瀬さんを想像すると、ワケが分からない。一体何のシュミですか。Seriously. 芹沢の亡骸と成瀬さんはお互いに添い寝するように横になってもらって、成瀬さんは天井を見上げたまま「許してくれ」と呟けばよかった。・・・しかし斗真くんの肩に頭を預けているリーダーはかわいかった(笑)。

- 最後、芹沢の手がハーモニカを握っているのを描写するカメラワークにだまされて、まさか成瀬さん、芹沢の手を握ってるんじゃ! と思ったのは、私だけではないはずだ(笑)。・・・というか、ハーモニカがここにあるってことは、しおりさんに渡したのは、あの箱だけ? それはまた・・・ナゼ。Somewhere Over the Rainbowだからですか? それだけですか?

- 長くなりました。一番最後の砂浜のシーン。・・・アレはナンだ? あの突拍子もないテンションは、役者さんも監督さんも、このシーンをどうしたらいいのかよく分かってないからだと思うんですけど。何がおかしいって、あの蝶々だよね? いやー、芹沢と成瀬が蝶々っていうのは、流石にないんじゃないか? もうちょっと他に・・・もうちょっと他にマシなのがあったはずだ。

以上です。
お疲れ様でした。

流星の絆はどこまでハマれるか分からないので不安ですが、楽しみにしています。


パチパチする
review - maoh | 02:03 | comments(12) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | 02:03 | - | -
ROXieさん、こんにちは。私、魔王は、領さんがしおりに対して、感情が揺さぶられてきた辺りから、興味がなくなってしまい、最終回は観ませんでした。結末は小説で知ってたし、大野くんの演技には何の問題もないのに領さんという人物に対して何の愛情も関心も持てない私が、ちょっとしんどかったんですよ。私の大好きだった人が、大野くん崇拝者ということもあり。でも、DVDboxは買うつもりです。
ちなみに私、芹沢が好きだった。大馬鹿だけど。来月からはにのちゃん!!楽しみだ!!
| やすこ | 2008/09/15 15:45 |
はじめまして。
魔王、最高でしたがツッコミどころも満載で、読ませて頂いてかなり共感致しました。「そうそう!」と笑いが込み上げてくる程です。確かにしおりの存在意義が不明で、嵐ファンの私にとってはウザいだけでした。ただ、テディベア座り(笑)私は泣けましたよ!友雄が座らせたんだっていう…二人の感じに…個人的には一番の号泣ポイントだったんですが…。
でも本当、読んでてスッキリしました。これからも楽しみにしてます!頑張ってください。
| じつこ | 2008/09/15 20:42 |
こんばんは。また書き込みします。
終わりましたね。面白かったー。「いや、人死に過ぎだって。原作はそこまで死なんよ。」と最終回は突っ込んじゃいましたが。

原作よりもベタに演出してある分、揺さぶられる場面と、そうでない場面の差が激しかったのかもなーと思います。ここらへんは好みかもしれません。
ちなみにしおりちゃんは韓国版は純真かつ穏やかな感じの女優さんがやっとります。でも意外にしおりちゃん好きな自分。後半のひたむきさに自分が無くした物を思い出しました(遠い目)

そして、2人ちんまり並んでのシーン、あれは韓国版と一緒です。原作では成瀬が芹沢の肩にもたれている理由(演出的な)もあるんですが(日本版だと理由付けにちょっと弱いかもしれません)、確かに何故わざわざ起こしたのかは謎ですね(笑)。あれ、自分はちゃんと韓国版を見てたんだろうか…
そしてカメラのぶれは、原作でもああなんです。てかもっと酷い。あちらの監督さんはわざとそうしていたみたいです。確かにドキュメンタリーの様で、臨場感はあふれてた気が。日本版ではどういう意図で使用したかは分かりません。見返してみなきゃ…
あと、韓国版主役2人は身長180以上、まあどんな感じになるかは想像の通り…少なくとも可愛らしくは無かったです。可愛いのがいいのか悪いのか…。


でも、実はあのシーンが大好きで、成瀬と芹沢に「最後は2人並んで!死んでてくれ!頼む!」とずっと願掛けをしてました。ROXieさん、ごめんなさい。そして、リーダーは最高だと思いました(笑)もちろんとーまくんも。
そして、原作はここでendです。海のシーンは無かったです。個人的にはあっても可なんですが、中西さんとしおりちゃんの設定をもう少し詰めてもらえるとシーンの説得力が増したのにーと思います。

また長々とすみません。暇つぶしにこの駄文を楽しんでくれたら嬉しいです。では〜。
| ぴの | 2008/09/15 22:02 |
こんばんは、お久しぶりです。
「魔王総括」エントリー、読ませてもらいました。文体から「roxieさん元気そうだな」と安心しちゃいました。
魔王はね、我が家では私よりも旦那が楽しみにしていましたよ。私はね、毎週大野智の演技がタダで見られるのが嬉しかったかな。物語・演出には最後まで入り込めませんでした。最後の蝶には・・・センスの問題ですね。あれは高学歴の男性のセンスなのかな?
全く話は違いますが、以前某下着メーカー「○コール」の新作ブラジャープロジェクトを追ったのをテレビで見たんですが、そこで最終判断を下していた取締役の人たちが全員男性だったんですよ。それを見て以来その下着メーカーの物を買うのをやめたんですが、なんかそんな感じを思いましたした。(解りづらくてすみません)
でもね、ひとつだけ強く思っていることは、テレビ業界の皆さん、大野智をまたドラマで使っていただきたいってこと。
大野智の演技が大好きなんですよ。

長くなってごめんなさい。では失礼します。
| あざらし | 2008/09/16 23:44 |
やすこさん

こんにちは〜。
私も魔王の最大の敵はしおりだったと思います。なんていうか、手抜きでしたよね。しおりが女の子で、かわいくって、好意を持てる(少なくとも嫌なオンナではない)というだけで、成瀬さんが彼女と恋に落ちることを視聴者が何も言わずに納得すると思っているあたりが。DVDはリーダーのとこだけ見たらいいんじゃありませんか?(笑) 観賞用としては申し分のない作品だったと思います(笑)。

芹沢は本当に惜しいことをしました。ハラハラドキドキのサスペンスでなければ愛すべきキャラだったのに。
| Roxie→やすこさん | 2008/09/17 09:46 |
じつこさん

こちらこそはじめまして^^
ツボが同じだったようで嬉しいです(笑)。しおりさんは人物としては全然気にならないんですが、魔王が好きな女性という意味で、さっぱりナゾでした。

>テディベア座り(笑)私は泣けましたよ!
このエントリしたあとに、ちょっと色々ブログさんを巡ったんですが、どうやら泣いた方と、笑った方とに見事に分かれているようデス^^ 寄り添っている、という点では私も良かったんですが、なにぶん二人がかわいらしすぎて(笑)。足の開き具合が特にツボでした(私的)。

流星の絆は、話の筋を全く知らないので、無知のまま突入しようと思っています。どこまでかけるか分かりませんが応援ありがたく受け取ります! 今後ともどうぞ宜しくお願いします〜
| Roxie→じつこさん | 2008/09/17 09:52 |
ぴのさん

こんにちは^^

>「いや、人死に過ぎだって。原作はそこまで死なんよ。」
生き残るはずだったのは誰だったんでしょう? 気になります。ひねくれている私は、父が生き残る、ってのが一番酷くていいんじゃないか、とか思ったりしていた(笑)。

>でも意外にしおりちゃん好きな自分。
私もしおりちゃんは好きでした。お友達になれる。・・・慣れるけれど彼女は魔王の意中の女性にはどう転んでもならない気がする。
>後半のひたむきさに自分が無くした物を思い出しました(遠い目)
爆笑! あ、ごめんなさい、笑っちゃった(笑)。

>2人ちんまり並んでのシーン、あれは韓国版と一緒です。
・・・多分日本版の問題は「ちんまり」だったことでしょうね(苦笑)。
>確かに何故わざわざ起こしたのかは謎ですね(笑)。
でしょう?(笑) あぁいう風に座って芹沢が死ぬ、というのが妥当な修正案かも知れないですね。
>カメラのぶれ[...]ドキュメンタリーの様で、臨場感はあふれてた気が。
アメリカのドラマにFriday Night Lightsというのがあるんですが、このドラマはステディー一切なしで、3アングル一斉に一発撮り、間違えたときだけもう一回、という常識から随分とはみ出した撮り方をしてるんです。役者さんの立ち位置なんてものもなく、勝手に動き回るのをカメラさんが追う形で。魔王全体をこの撮り方で撮影していたら、まるっきり違った作品になったと思います。・・・それも面白かったかもな〜。

>でも、実はあのシーンが大好きで
あのシーンを心に留めた方は私が思っていた以上に多かったようです。
>Roxieさん、ごめんなさい。
笑。謝らないでくださいよ、あくまで私の萌えが採用されなかったというだけのことです(くそう)。

最後のシーンは見終わってから、あ、そうだ、この二人知り合いだったんだ、と思い出すくらいのお粗末さだったので(私の脳みそが)、余計にワケが分からなかったのかも(苦笑)。

リーダーは実に素敵でした。やっぱりウチのキャプテン最高です!

長いコメント大好きです^^ お気になさらずに〜
| Roxie→ぴのさん | 2008/09/17 10:12 |
あざらしさん

こんにちは〜。ごぶさたでーす。

>文体から「roxieさん元気そうだな」と安心しちゃいました。
笑、言いたい放題言ってるからですかね(笑)。

>魔王はね、我が家では私よりも旦那が楽しみに
あれ、なんかそういうご家庭結構多いですね。男性にウケがいいんでしょうか。

>毎週大野智の演技がタダで見られるのが
そうですよね〜、今まで映画とか舞台とかでしたもんね。嬉しいのもやまやまですが、確かにお金を払っても損はない芸術品でした。

>センスの問題ですね。
でしょうね。トーンの問題というか・・・分からない。私には成瀬と芹沢はどれだけさなぎになり続けても、蝶々にはなり得ない人種だったんですけどね(苦笑)。

>某下着メーカー
爆笑。全然分からないけど、なんだか凄く良く分かります(笑)。

>大野智をまたドラマで
私もリーダーの演技、好きです。好みの問題だけで言ったら、ニノより好き。でもニノの演技は好みを云々言わせない暴力性がたまに出るので、そこがたまりません。流星の絆もそれが楽しみ。・・・現段階では楽しみはそれだけなんですが(苦笑)。
| Roxie→あざらしさん | 2008/09/17 10:22 |
またまたすみません。
ちょっとお邪魔な(笑)しおりちゃんの役割は、原作では「目撃者」なんですよ。主役2人の運命の。そして癒し(救い)と、プラスしてエピソードを通じて主役2人の間を仄かにつなげる役割のみ。だから存在意義はほぼ無いに等しいんです。
原作ではどっちにも同じく優しい(弁護士に惹かれていても)しおりちゃんが前半で描かれていたんですが、日本版では時間上そう上手くはいかなかったんだろうと思います。エピソードも入れる時間無かったろうな…。ドラマの時間が毎時間あと5分長ければなーと。日本版も原作もしおりちゃん好きな自分はそこらへんで不満が残りました。目が麗しくて結構好きだったんです(笑)
| ぴの | 2008/09/17 10:24 |
ぴのさん

またまたお待たせしてスミマセン。

ナルホド、原作がそうだから彼女は「目撃者」なんですね。
うーん、なんだろう、私の中では、物語の中の目撃者は、視聴者と物語の架け橋であるのが正攻法だと思うんですが、しおりちゃんにはどうも感情移入ができなかったんですよね。共感しなかったというか。それは多分、しおりちゃんのキャラクター設定がきちんと提示されなかったからだろうと思うんですが。

私もしおりちゃんすきでした〜。顔がちっちゃくってかわいらしい。いいコでしたよね。うん、でもそれが物語とうまく絡まなかった気がしました。
| Roxie→ぴのさん | 2008/09/21 05:03 |
こんばんは、Roxieさん。

私、正確に言うと、『魔王』の最終話だけ見て大野さんにはまってしまいました。ほとんどドラマを見ないので。
そして、こちらの記事を読んで、それは正解だったも・・・と思っています。
1月にDVDが届きますが、色んな意味で最初から観るのが楽しみです。

なぜ、大野さんが“嵐”のメンバーだと自分が知っていたのかってところから記憶が定かではないのですが、TVを見て「大野さん、すごい!」と思った私は、CDショップに行って、『Timeドームコンサート』のDVDを買ったんです。
「ジャニーズだもん、音だけじゃ辛いよね。絵が付いてないとね。」
というのがDVDを選んだ理由ですが、このチョイスは神様の思し召しとしか思えません。
彼らのコンサートは最高ですね。
それからは、坂道を転がるように“嵐”の日々です。

録画をしていた『流星の絆・7回』をついさっき見ました。
三浦さんと絡む二宮さんが、絶妙な表情を見せてくれています。
でもね、最後、もごもごもご・・・
後は、Roxieさんの記事を読んでからコメントしたいと思います。

またお邪魔しますね。
今日はこれで失礼します。
| みさっちゃん | 2008/12/03 01:29 |
みさっちゃんさん

こんばんはー^^
最終話の大野さんは気高かったですよね〜。魔王それ自体はいろいろ突っ込みどころがありましたが、大野智を愛でるという一点において、とにかくすばらしかった(笑)。

Timeコンというチョイスが素敵(笑)。曲とかは特にご存じなかったんでしょう? それでコンサートが楽しめるというのは、本当のエンターテイメントなんでしょうね。じゃぁまだコンサートに参戦されたことはないんですね^^ 私と一緒だ。素敵な坂道を転げておられますよ。あなたの幸せは約束された(笑)。

流星、ぜんぜん追いつけてないですが、記事はあげます。書くよー(笑)。

またお邪魔してください^^
ではでは
| Roxie→みさっちゃんさん | 2008/12/09 13:37 |









http://roxieree.jugem.jp/trackback/753

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
PROFILE
NEW ENTRY
RECENT COMMENT
カウンタ
はくす
arashi
RECENT TRACKBACK
RSS
CATEGORIES
めーるふぉーむ
Photo album
LINKS
ARCHIVES
OTHERS
RECOMMEND

SPONSORED LINKS